YELL(エール)

卒業式の歌がYELL:いきものがかりに決まりました。良い歌です。大晦日の紅白歌合戦で私は初めて聞きました。ちょっと暗いけどね。YouTubeで混声三部合唱を聞くと、、?って感じ。女声三部合唱に至っては別物の曲になっている。あまり合唱向けの曲とは言えないなぁ。でも楽譜を手に入れて練習しようと思っています。
 ちょっと思い出しました。学生時代の親友が言いました。「ビートルズをクラッシックで演ると、ビートルズの精神性、作曲者の思いや時代背景ゆえの価値が全く無くなって、意味が無くなる。意味が無いんや、、、というか、まぁ別物やね」私は「 オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」を中学のブラスバンドで練習したとき先輩に「ビートルズって何ですか?」と聞いて呆れられた人なので何も言えないのですが、親友の言葉がその後、何度となく私の頭の中を駆け巡るのです。あるテレビ番組でシンガーソングライターが言っていた。「曲って、発表したときから一人歩きを始めるんですよね。それは作り手にはどうしようもないんです。良くも悪くもコントロール不能ですね」
 
PS.1言っておいて何だが、良いステレオ(死語か?)、良いスピーカーでじっくり聞くと女声3部も結構面白いなぁ
PS.2私は「君が代」と「校歌」の指揮をやるので関係ないのだが、気になる。この歌難しい。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-01-19 21:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/13526630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 銀製指輪4作目 さいたま水上公園 >>