さいたま水上公園

NEWロッド(Infante804-4)のテストです。重たいニジマスがかかるとどのように曲がるか?興味津々。入場すると水面に泡が、、、例年のことですがこの泡と濁り、プールに染み付いた魚の匂いでプールエリアシーズンも末期(さいご)だと感じます。プールサイドには白い鳥の糞がたくさん点在し鵜のニジマス飽食を証拠づけています。
 最初の1尾目が50cm近いニジマスのすれがかりだったので竿のテストには充分過ぎるほど満月に竿は曲がりほとんど限界に近い状態で4番のダブルテーパーハーフラインが引き出されました。リールのドラグを最大にし、力ずくでバッキングラインを巻き取って行きます。時々ハンドブレーキをかけながら、取り込み成功。柔らかいけどバットはそこそこに固く常に一定のテンションをかけながら魚を引き寄せられたのでこの竿は合格ですね。3時間37尾。渓流が解禁したからか、水質のせいか、新学期のせいかわかりませんが以前ほど混雑していません。
c0022268_10362895.jpg

手前の白い点々は、桜の花びら
 帰宅してから今日は雪用スタッドレスタイヤをノーマルに交換しました。自分でやったら大変でした。やはりタイヤはぞうきんで拭きたくなるし、タイヤにゴム保護スプレーして、新しいビニール袋買って来て、、、へろへろです。久しぶりのジャッキアップでした。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-04-11 10:36 | フライ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/14144554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 私にとってテンカラとフライの違い 渓流釣行3日目 >>