TinWhistle

グレンフィナンのサイトをずっと2週間ぐらい観ていた。新しいティンホイッスルが欲しいのだ。特にクレアのニッケル管とディクソンの真鍮管。迷っていたら先週ディクソンを吹く機会を得た。とても良いが、重い。迷ったあげく結局アルミ管にしてウォルトンのブラックも合わせてマウスをポチットな。3日で届いた。
c0022268_11152842.jpg

上:WALTON'S Little Black Whistle D アルミ管です。超軽量、強度的に不安を感じるくらい肉薄。そのぶん管全体が共鳴する感じの、アルミらしくない、、でもアルミの音。ピッチが??と思ったが歌口をほんの少しスライドしたらばっちりGood。少し吹き込んだらステージで使えそうだ。お買い得!
中:ClareニッケルD ニッケルの鋭い音に哀愁が加味されて、吹いていて気持がよい。気に入った。
下:Dixonアルミ・チューナブルD 即ステージで使える品質だ。OVERTONの管体にディクソンの音を載せた感じ。でも音が細い。アルミがかなり肉厚で音程は良く安定しているが、その分面白みに欠けるかも?初心者はこのぐらい音の安定した楽器の方が上達が早いと思います。初心者初級者にお勧め!

PS:開封して、吹いて1日目の感想です。吹き込むとまた音が変わることもあります。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-07-31 11:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/14869174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 斑尾その1 《アイリッシュ音楽の夕べ》〜「... >>