阪急電車

有川浩の本を読むのはこれで3作目になる。3匹のおっさん、フリーター家を買う、もなかなか楽しかった。職場の向かいの机に置いてあったので、頼んで借りました。代わりに私はハウルと火の悪魔(ハウルの動く城の原作本)を貸しました。
 小学6年生から高校1年まで私は阪急電車のとある小さな駅の裏に住んでいました。梅田(大阪)や四条河原町(京都)によく行きました。高2高3では隣駅から少し離れた大阪万博会場近くに住んでいて国鉄と阪急を半々に利用していました。あのチョコレート色の、とても洗練されたとはいえない車両が懐かしいです。
 この本はそれぞれに話が絡んだ短編集ですが、なかなか味わいがあります。しかし作者の頭が良すぎて設定が濃密で読ませどころ満載、濃厚なチーズの様で時々休憩が必要です。でも最近、宗教関係本ばかり読んでいたのでとても新鮮です。
c0022268_12363647.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2011-02-18 12:36 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/15937464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さいたま市北区文化まつり さいたま市北区文化まつりリハーサル >>