秋の気配

9月になっても秋の気配がない。昨日も蝉が鳴いていた。9/20で栃木県は渓流禁漁になるので今一度ヤマメの顔を見に行った。相変わらずの増水で危険な状態なので入渓ポイントは限られてしまう。狙うポイントも水流の緩いところだけピンポイントで狙う。1尾テンカラで釣った後8feet4番竿でフライフィッシングにチェンジするが、とても釣れる気がしないのでテンカラに戻す。ホッパーも投げたが、やはり釣れる気がしないのでエルクヘアカディスに戻す。2尾目、これも産卵準備に入ったようで少し赤みがかった魚体で腹が少しだけ膨らんでいる。包卵しているのだ。さすがに包卵しているヤマメをしつこく写真撮影につきあわせるのは可哀想だ。いつもより丁寧に優しくリリースする。ちびヤマメがしきりに毛鉤にアタックしてくる。合わせないように気をつけながら、クモの巣と格闘しながらの釣り上がり。昼にはピーカンでまるで真夏のような天気になってしまったので帰ることにした。天気予報では弱い雨だったのに、、。入渓点を探して右往左往している車が数台いた。
c0022268_14593767.jpg

帰宅すると2階の私の部屋は乾燥機がかかっていることもあり36度。まだまだ熱中症に注意ですね。
[PR]
by flymantacky5 | 2011-09-11 14:59 | テンカラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/16838703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Besame Mucho カタカナ 転落防止柵 >>