ヤマメの顔

先週のリベンジで同じ河に行きました。最初の場所でテンカラでまあまあのサイズのヤマメを掛けたのに、、水面上に上がって「いいかただ!」と思った瞬間バレました。そのあとまったく反応なし。 水の濁りを感じたので移動。上流での工事を確認 やっぱりね〜
 しかし、上流には等間隔に釣り人が点在して、入り込めそうにない。放流してないもっと上流に入る。それでも反応無し。はっと気づくとルアーマンがバシャバシャと 音をたてて追い抜いていく。頭にきたが水温5度を確認し諦めの境地になる。河を変えようかとも思ったが前から気になっていた近くの神社に参拝に行くことにした。とてもりっぱでビックリ。広い庭園もあり感動!!静謐な気が充満している空間で結構満足な 気分に浸りました。
c0022268_1925113.jpg

神社入り口の茶屋で昼食の山菜そばを食いながらこの後の行動を考える。この季節の渓流釣りはやはりヤマメの顔を観にきてるんだよな、と納得し再度チャレンジ。水温7度だが強風に時折突風が混じる。とても釣りができない状況なので4番ラインを叩き付けるように足下にドライフライを流す。でました。
c0022268_19102217.jpg

幸せ。放流ものではない強烈なヌメリを身にまとった美しい日本のヤマメ
[PR]
by flymantacky5 | 2012-04-06 19:02 | フライ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/17782571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< iMac 渓流釣行初日 >>