村国園

一昨日のリベンジにへら釣堀村国園に来ました。昨日買った段底ムクトップの浮子を装着。4番席9尺段底9時スタート。かなり寒い、あたりもなかなか来ない。でも一昨日に比べると魚は動いています。みんなオデコを脱出してホッとしている様子です。午前8枚、14:40に19枚で納竿しました。
まわりはみんな8枚くらいなのでトップだねっ!とウキウキしていたら、奥の「底釣り大会」では25枚釣った人がいるそうです。凄いです〜。でもトップクラスに入れた事は間違いないです。
c0022268_17101458.jpg

今日の勝因は
1、場所があたった
2、一昨日の教訓が生きた。続けて来れば覚える。
3、浮子がマッチした。
でも、もっと大きいファクターがある。それは「昨日、段底用の浮子を買ったから、釣れるはず」という妄想と自信ですね。釣れると信じていれば頑張れます。
c0022268_17123497.jpg

写真下が一昨日3枚だった「別作オールマイティーNo11」(パイプトップ)上が今日使った「ロングムク段差底No8」です。ボディは同じ長さだけれどオールマイティーの方が浮力があります。段底ムクはムクトップだけあってアタリはたくさん出ますが、ジャミのあたりやへらが寄って来ただけでも浮子が動くので、それなりに難しいです。オ−ルマイティーで1mmのあたりが段底ムクでは3mmくらい動く感じがします。えっと、オールマイティーが悪いわけではありません。手持ちの浮子の中で、今私が一番信頼している浮子はオールマイティーです。
今日の仕掛け「9尺段底」
竿:ダイワ 虎徹 9尺
浮子:舟水 ロングムク段差底No8
道糸:1号
上ハリス:0.5号7cm
下ハリス:0.5号40cm
ばらけえさ:プログラム1+グルバラ1+バラケマッハ2+粒戦少々+水1
  様子を見ながら もっと柔らかい方が良いと思ったら→水
          魚がうわずって来た、もう少し重くしたかったら→底釣り夏
          えさが粘ってきた、もっとばらけさせたかったら→バラケマッハ
  を少々加えて調整する。
食わせえさ:力玉大と小
道糸とハリスはもっと細い方が良いと思うけど、たまにしかやらないので春夏秋冬1年通して1号と0.5号です。本当は道糸0.8号上ハリス0.4号下ハリス0.3号が良いでしょう。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-02-12 17:18 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/19259573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 立山 普通酒紙パック さいたま水上公園 >>