ホイッスル講座5:半音と替え指

出血大サービスのホイッスル講座第5弾。今日は、けっこうホイッスル吹きの弱点「半音」と「替え指」についてです。全部載せるときりがないので、よく聞かれる半音ソシャープ(G#)とみんなが結構知らない替え指を紹介します。
c0022268_20554910.jpg

1:ドとシが連続するメロディでは効果的な替え指です。Cを押さえるとド、その2つに加えてBを押さえればシになります。これはリコーダーのトリルで多用される替え指の応用です。リコーダー吹きはすぐ思いつきますが、けっこうアイリッシュの人は知らなかったりします。
2:下のソ#はこの指、上のソ#は3です。両方とも音程は不安定なので左手薬指の穴半分空けを使う人もいます。よく人に聞かれます。
4:下のドシャープは右手小指で管体開口部を3分の1くらい塞ぐようにすると、一応出せます。足の太ももに押し当てて少しふさぐ方法もあります。私はやりませんが、今までやった方を2人知っています。

う〜ん出血大サービスの講座ですね。ところで、、間違っていたらコメントお願いします。今までの経験と独断の連載なので自信はあるが、絶対に正しいという確信はありません。

*参考*昔リコーダーの先生に「あなたの楽器はファが高いから他の指で少し穴を塞ぎなさい」とか強要されていました。シビアな合奏なのでそれは絶対命令でした。笛の運指なんて同じ木製アルトリコーダーでも楽器によって違う、もしくは替えなければいけないんだと身にしみている私です。どうしてもひどい場合は穴を削ったり、少し埋めたりしました。ピッチの低い木製ソプラノリコーダーを削って高くしたりもしました。アイリッシュフルートの高音の運指はまさに1本1本また人によって違います。これは宿命です。
 ホイッスルのイラストをPhotoshopで描いたり、こんな文章アップして、推敲を重ねると貴重なアフター5が潰れてしまいます。こんなことするより笛の練習が必要なんですが、、まぁ楽しいからいいか

ティンホイッスル講座:目次
[PR]
by flymantacky5 | 2013-07-01 21:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/20444538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ティンホイッスル講座 ダルシマ教室 >>