ホイッスル講座7-2:管体改造中編

前編で改造のきっかけと方法については語りました。島忠ホームセンターで銅線、瞬間接着剤と油性ペンキ黒を買って来ました。銅線のつきが良くなるよう管体表面をサンドペーパー#400でヤスリがけした後、銅線をグルグル巻き付けます。できる限り丁寧に、、。ラジオペンチで締め上げてからへらや割り箸で形を整えます。そして瞬間接着剤で固着させます。乾いてからペンキを塗る。
c0022268_1914242.jpg

1回塗りじゃ駄目だなーと、しげしげ眺めていたら色々変えたいところが出てきました。せめてマウスピースの形をもう少しスマートに、と思い削っていたら、いきなり穴が表出!!
c0022268_19172261.jpg

どう見てもリコーダー(ブロックフレーテ)と同じような外見なのに、こんなところに空洞があるなんて、、、メーカーのコスト削減を目の当たりにした気分です。まさかそのままにするわけにはいかないのでパテ埋めです。でも色が違うから仕上げに塗装が必要だ、、口のあたる部分に塗装なんて気が進まないけど仕方が無いですね。

正しい講座はこちらティンホイッスル講座

おまけ:ただいまケルトの笛屋さんにてホイッスル初心者用小冊子CD付きがもらえます。
c0022268_19373534.jpg

どんなもんかいな?と思っていたのですが、先週Hさんからもらって中身を見ました。これはおすすめです。私は時々ここを利用するので、宣伝するから〜と言って○○册もらいました。たぶん1週間以内に配り切ってしまうでしょう。これは宣伝です(笑)
[PR]
by flymantacky5 | 2013-07-24 19:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/20542851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ホイッスル講座1-2:マウスピ... バドミントン >>