ホイッスル講座7-3:管体改造後編

SusatoのLow-F管を改造中の後編です。
パテ埋めしたマウスピース部分を削ってみました。一応簡単に整形してからパテ埋めしたので塗装せずに使えそうです、ホッ! 紙ヤスリの#120で削った状態です。指で押したらパテがグニュっと凹みました。やばいやばい乾燥が不十分です。
c0022268_2145180.jpg

頭部管全体はこんな感じで、SusatoUSAのイメージとはほど遠くなりました。でもこっちの方がかっこいい、、、と思います。思いたい
c0022268_2174483.jpg

作業は手に持ったままでは難しいので、こんな風に万力に木の棒を挟んで笛を通して行っています。後ろに見えるのは陶土(陶芸用粘土)の再生作業中のものです。
c0022268_20112899.jpg

丸2日乾燥させたので、とりあえず吹いてみます。うん!なかなかデス。強く吹くと音が裏返ってしまう癖は直らないけど、満足です。いいんじゃないでしょうか。ただ右手親指が銅線の山になっている部分に当たって気持ち悪いので削りました。
c0022268_20144539.jpg

棒ヤスリでていねいに削ります、、と言いたいところだが実際は電動ベルトサンダーで十数秒の作業で勢い余って銅線がばらけてしまい瞬間接着剤で補修しました。その後耐水ペーパー#240で全体を磨きます。そして黒ペンキを全体に塗りました。あとはこれの繰り返しで仕上げるだけです。
 しかし、これがくせ者でペンキの乾燥には最低1日半はかかります。まぁ気長にやります。
#400水研ぎ 塗り
#600水研ぎ 塗り
#800水研ぎ 塗り
#1000水研ぎ
あと4工程はやりたいですね。でも明日は FAIRY DOCTOR の練習があるので今の状態でいち度演ります。
c0022268_18185335.jpg

夕方、耐水ペーパー#400で水研ぎしていたらポロッとブロックが抜けました。一応空洞だったけどブロック状のものを埋め込んで接着剤で止めてあったようです。昔プラスチックのソプラノリコーダーも同じ構造だったのを知っています。接着剤は使っていなかったけどね。色違いのプスチック素材のブロックがきっちりはめ込んでありました。ヤマハかアウロスだったかは覚えていません。

ティンホイッスル講座目次はこちらです
[PR]
by flymantacky5 | 2013-07-29 20:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/20562244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< コンサート「Celtic Ch... ダルシマ教室 >>