伊勢正三

かぐや姫時代から伊勢正三(いせしょうぞう)の曲が好きだった。風を結成してからもっと好きになった。アルバムの中の曲は大久保一久の曲も含めてほとんど気に入っていた。ただ、エレキギターを持ち始めサウンドが都会的になるにつれて熱は冷めていった。でも、ソロになっても曲はすべて聴いていました。時々キラリと光る心にしみる曲があります。
 ここ2週間以上体調がすぐれなかったが、とうとう熱が出ました。風邪のようです。ただし来週に今年の山場の仕事が控えているので休む訳にはいきません。ということで、雨というせいもあるのですが家でうだうだと過ごしています。こんなときは谷山浩子を聞くのがパターンですが今日は伊勢正三を聞いています。ビートのきいたのや、アップテンポなのは飛ばしてスローな曲と優しい曲を流します。横になって朱文金の水槽を眺めてぼんやりするにはぴったりです。あんまり歌詞を聞くと女々しかったりしますが人間の弱みを素直に歌っていたりしていてよろしいです。ソロアルバムはほとんど処分してしまいました。残っているのはMDで「海がここに来るまで」「時のしずく」「伊勢正三ベストセレクション」だけだ
こんな動画を見つけました伊勢正三「大切な10曲」
c0022268_1761939.jpg

彼はフライマンです。わかる気がする
ギターは弾き続けられるかもしれないが、唄はそろそろ厳しいかもしれない。60過ぎたら私もそう言われるのかも、、、
今も気になる風のアルバム「海風」の曲「冬京」はっきり言ってルックスは嫌いです。サングラスが特にいやです。でも音楽はすてきです。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-10-05 17:08 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/20805384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ホイッスル講座10:タップのこつ アイリッシュフルート考察1-1... >>