ホイッスル講座10:タップのこつ

講座9ロール・カット・タップについての質問がさっそくきました。ロールについてです。カットする時に次のタップの準備として3の指を持ち上げ(振り上げ)ておくのができない、と気にしてるのです。
カットと同時にタップの指を振り上げるっていうのが出来ないのですよ~。定位置より、上がらないというか上げる習慣がないというか。
続きよろしくお願いします♪

お答えします
振り上げ、叩き付けるというのはあくまでイメージです。その通りやれば美しいロールになりますが振り上げなくても音楽は作れます。Butフルートの場合は言葉通りやらないと明瞭な音が作れませんね。でもね、あまりストイックに追求しなくても大丈夫ですよ
これでは答えになっていませんね。返事を書いておきながら色々考えました。そして本当の回答らしきものに出会いました。この質問の方はリコーダー吹きです。だからリコーダーの押さえ方でホイッスル吹いてんじゃないですかね?
c0022268_2151451.jpg

よく物の本では、ホイッスルの指で穴を押さえる方法は2通りあって、つは一般的なリコーダーのような押さえ方。(写真左)つ目は指を伸ばしまっすぐにして関節や2の指で押さえる方法でストレートフィンガリングと言います。どちらでもかまいません と書いてあります。特に右手に関しては嘘だと思います。
、では早い指使いは不可能ではありませんが不利です。またきちんとしたタップは不可能です。指を振り上げ穴を叩く時、指はまっすぐになっているはずです。まぁ少しくらい曲がっていても大丈夫ですが、、この押さえ方でもし指導を受けたらホイッスル初級者を脱出するのは不可能でしょう。
、関節で押さえれば初心者初級者は隙間ができて綺麗な音がでません。2の指(第2関節の腹)では初心者は難しくて練習自体いやになるでしょうし、微妙なスライドや穴の半開け(半音)の調整は無理です。初心者がこの言葉を真に受けて練習したら途中で挫折するでしょう。

タップで穴を叩く時は指はまっすぐで、押さえるときは指を曲げるなんてのは芸当に近いものです。この2つの時の指の形は同じにするのが自然です。ですから、写真右のように指は少し曲げるかまっすぐにして、第1関節より上の指の腹で穴を押さえるのが正解です。(左のリコーダー押さえは指の頭で押さえているはずです)いうなれば「半ストレートフィンガリングもどき」です。この様にしたうえで、指は完全にリラックス状態にしてください。楽にタップやロールができるはずです。プロはみんなこれで吹いてる!(ちょっと自信が無いけど、リコーダー専門の人以外はたぶんそう)

初心者初級者は穴を押さえている感覚がしっかりわかった方が良いです。半音のために穴を少しあけたり、スライドで穴を少しずつ開けてゆく感覚をしっかり覚えた上で本当のストレートフィンガリングに移行したり少し変えたりした方が結局は早道だし、王道だと考えます。と言ってる私はまだ中級者ですが、、

ちなみに、Lowホイッスルでは穴の位置や穴の大きさの関係でストレートフィンガリングは必須となる場合が多いです。特にLowDは右手でリコーダー押さえはLLサイズの私の手でも不可能です。物理的に押さえられますが、メロディは吹けません。

ティンホイッスル講座の目次は→こちら
[PR]
by flymantacky5 | 2013-10-05 22:02 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/20806254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< アイリッシュフルート考察1-2... 伊勢正三 >>