反省させると犯罪者になります

過激な題名だ。本屋ですぐに目に留まり購入。本書は、刑務所における受刑者の更正を支援する現場から生まれたものです。中学・高校の生徒指導関係者必読です。反省がいけないと言っているわけではない事は読めばわかります。ただ、悪い事をしたときに早急に反省を求めるのは無理だと筆者は言っている。自分の内面に向き合う事がまず必要でそれには支援者が必要だと言っています。この本は後ろ半分がとてもいいです。読み始めたら必ず最後まで読んでください。いじめについても書いています。全く関係ない人でも響く物があります。
c0022268_18302759.jpg

P25
「後悔」と「反省」はまったく違います。悪いことをしてバレたときの人間の心理は、反省とはほど遠いのです。すぐに「反省の言葉」を述べる加害者は悪質
P66
問題行動は「必要行動」
P68
「反省文」は問題を悪い形で先送りさせるだけ
P209
人は皆、本当に弱い生き物です。弱いからこそ、人に頼らないと生きていけません。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-10-15 18:44 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/20841155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さいたま市美術展覧会 アイリッシュフルート考察3:最... >>