樹脂製のフルート吹き比べ

「ケルトの笛屋さん」でポリマー製フルート 吹き比べキャンペーンをやっていたので注文してみました。
c0022268_2224325.jpg

写真上から、とりあえずパッと吹いてみての個人的印象は
1:Galeon、管体が薄く短いので軽いです。音は大きくて明るく反応も良いが、歌口が大きいためアンブシュアのコントロールできない初心者が吹くと息量を多く必要とします。デザインが良い。49800円
2:iPipe 3、M&Eより細身です。音は重厚でスモーキー悪く言うとかすれているがバランスは良い。音のイメージや吹いた感触は木製に近いかもしれません。49800円
3:M&E、すでに私は持っているので客観的な感想は言えませんが、7年くらい前?にグレンフィナンで6万で買った私のより加工が綺麗で金属の材質も頭部管の寸法も少し違い音はシャープになっています。2016.3月現在8万5千円。上述の1.2と同じ値段ならこれを買うが、実際は価格が35000円も違うので何とも、、、
c0022268_22243814.jpg

楽器には当たり外れがあるし、中級者の私の1日目の感想なので、そのつもりで聞いてください。1〜3万円のチープな樹脂製フルートとはどれも比べ物にならないくらいよく出来ています。初めて1本買うなら音のバランスの良い2をお勧めします。でもデザインに遊び心がまったくないのが残念です。もし木製の楽器を持っているなら1か3がお勧めです。1は音量があり軽いですし、良く鳴るのでコントロールする楽しさがあります。音質にくせが無いので、逆にそこが面白くないかも。3は本番でも使えます。
どれを買っても後悔は無いと思いますが、1は好き嫌いが分かれるかもしれません。
参考記事:樹脂製フルート
アイリッシュフルート考察
[PR]
by flymantacky5 | 2016-03-22 22:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/25438384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ローカルヒーローズinさいたま市 おーるどタイム >>