ビンテージフルート

楽器を手放した。80年以上前のニューヨークのフルートらしい。詳細不明だけど及川師匠から買って5年くらいステージでメインに使っていた笛です。ジョイント部のコルクを貼り直したり、布ケースを自作したり 随分手間ひまかけたなぁ。思い出深い笛だけどかなり痛んでいて、もう吹くことはないと思うので初心者に譲りました。
c0022268_22304671.jpg
「アイリッシュフルート考察」はこちら。考察5で音の出し方に付いて書いてます。
吹き方を教えて欲しいと言われたので、とりあえず吹いてもらいました。全く音が出ません。本当の初心者は音がだせないということを思い出しました。「穴に息を吹き込む」という表現だけでは無理なんです。実際に私の吹き方を見せてまねしてもらい、音だし成功!やったね。ポイントは以下の通り
「超初心者アイリッシュフルート入門」
1、両手でフルートを支える(左手は口より左のヘッド部を下から支え、右手は指穴をおさえず左手と同じように下から支える。とにかく楽器を水平状態で安定させる)
2、あいうえおの「え」の口の形で、そのまま唇を閉じる。
3、下唇の下側に楽器をあてる
4、唄口の向こう側の縁をねらって息を出す
文章で書くと大変ですが実際に教われば数分で音が出ます。そのあと音階を練習しますが、穴を全部おさえて最低音のD(レ)を出そうとしても無理です。左三つと右手の人差し指の合計指穴4つをおさえたD#(ファシャープ)が楽器も安定して音も出しやすいです。下からひとつずつ指を離していきD#、G、A、Bあたりを練習しましょう。






[PR]
by flymantacky5 | 2016-10-17 22:37 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/26070665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Hard Times ハンマーダルシマーとアイリッシ... >>