アイリッシュフルート考察「入門編」2

フルートを生まれて初めて私の目の前で組み立てて、どうやって音を出すんですか?と聞かれました。
 とりあえず吹いてもらいました。全く音が出ません。本当の初心者は音がだせないということを思い出しました。「穴に息を吹き込む」という表現だけでは無理なんです。実際に私の吹き方を見せてまねしてもらい、音だし成功!やったね。ポイントは以下の通り
c0022268_22553972.jpg
1、両手でフルートを支える(左手は口より左のヘッド部を下から支え、右手は指穴をおさえず左手と同じように下から支える。とにかく楽器を水平状態で安定させる)
2、あいうえおの「え」の口の形で、そのまま唇を閉じる。
3、下唇の下側に楽器をあてる
4、唄口の向こう側の縁をねらって息を出す
文章で書くと大変ですが実際に教われば数分で音が出ます。そのあと音階を練習しますが、穴を全部おさえて最低音のD(レ)を出そうとしても無理です。左三つと右手の人差し指の合計指穴4つをおさえたF#(ファシャープ)が楽器も安定して音も出しやすいです。下からひとつずつ指を離していきF#、G、A、Bあたりを練習しましょう。
c0022268_06585012.jpg
c0022268_22560030.jpg
参考




[PR]
by flymantacky5 | 2016-11-02 22:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/26117053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< アイリッシュフルート考察「入門編」3 純米酒 奥伝寒造り 真澄(ますみ) >>