塩ビ管フルート5

サイトにアルトリコーダーを参考にデータを取ったフルート(F管)の設計図があったので作ってみました(写真一番下)。う〜ん、、使えません。次に耐熱塩ビ管は赤茶色で塗装しなくてもそのまま使えそうなので、今までで一番出来の良かったLow WhistleD管からデータを取ったものを作ってみました。穴あけのドリルの歯との摩擦熱にも強いからなのか比較的スムーズに穴が開きます。灰色の一般的な塩ビ管より重いからか音色も少しだけ良いです。お勧め!歌口より左が短すぎるかも、もっと長い方が、見た目はいいですね。
 1mのものを買って550mm使ったので、もう一本というわけにはいかず、ケーナを作ってみました(写真一番上)。いけます、かなりいいです。
c0022268_19410381.jpg
黒い耐衝撃性の強い塩ビ管もある。透明もある。次回が楽しみです。あと、チューニングできるようにすれば完璧なんだが、、一応継ぎ手は買ってあるが職場の旋盤が使えるかどうかが問題だ。





[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-18 19:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/26247101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 居酒屋 塩ビ管フルート4 >>