塩ビ管フルート10

塩ビ管フルートはひと休みと思っていたら、「失敗したのでいいからくれ」と言われたので量産体制を組んでみました。と言っても半日で3本ですが。まさか本当に失敗したのをあげるわけにはいかないし、いろいろ微調整したかったのでミリ単位で穴の位置をずらしたり、大きくしたり、角度を変えておさえやすくしたり、、。
茶色の耐熱管は値段が高すぎるので、4mの黒い耐衝撃管を購入
c0022268_19500622.jpg
マスキングテープを机に貼って、センターに定規で線を書いてから管に貼ると穴の位置決めが楽です。
3本目に制作した笛が調子良かったので管尻に向かって外径を絞ってみました。木工旋盤はこの長さだと入らないので、サンダーで削って手でやすりがけという何とも面倒な作業になりました。ヘッドもちょっとカッコつけたくなって削り、、、そうするとヘッドキャップが欲しくなります。旋盤で丸棒を削りました。
やってしまいました。指をちょこっとえぐりました、痛いです。旋盤は危険です、みなさん気をつけましょう とほほ。でもできました。
c0022268_19502248.jpg
上の笛は前回制作した、チューニング可能な笛です。透明管は材質が硬いからかすっきりした音で気にいってます。昨夜北越谷のおーるどタイムでのアイリッシュセッションで使いました。ばっちりです。今日作った下の笛は、ビックリ!とても良く鳴ります。全体をやすりがけしたから?そんな事はないでしょう。下半分を削り、管体が薄くなった事で何か良い影響がでたのかと思います。管体が響く感じです。この2本はあげません。
c0022268_19503085.jpg
量産笛は普通に鳴ります、ご安心を。あすのローカルヒーローズの練習に持って行きます。


[PR]
by flymantacky5 | 2017-01-21 19:49 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/26338808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ローカルヒーローズ@日進 塩ビ管フルート9永久保存版 >>