ケント・ギルバート

露骨な本が出た。中を見ると目を覆いたくなるような痛快さである。儒教と言う切り口に??と見た者をキャッチ、「う〜ん」と唸らせておいて言いたい事は後半1/4にある。
c0022268_08470649.jpg
いきなり最後の1/4を言っても素直に聞いてくれる人は少ないことを良くわかっている。前半の記述があるからこそ説得力があると思います。この本は売れる、売れて欲しいです。サヨクマスコミは無視するんだろうなぁ。
 沖縄県の翁長(おなが)知事の言動がどうにも大人の言動ではないなあ、気持ちは分かるけど結局何がしたいのか疑問でしたがこの本を読んで合点がいきました。
 しかし、右派論客としてかつぎ上げられた白人という面も感じられる。ネトウヨが喜びそうな本である。どっちにしろ鵜呑みは禁物。わたしは若いころ朝日新聞を丸ごと信じていた恥ずかしい過去を持っています。用心用心火の用心



[PR]
by flymantacky5 | 2017-03-20 08:52 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/26515794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 辞職 お花紙 >>