「終戦の日」8/15

8月15日だ。終戦記念日と言う人がいるが、ちょっと気になる。記念にしたくない、日本が戦争に負けたことを天皇が認めた「敗戦の日」である。政府は公式に8月15日を戦没者を追悼し平和を祈念する日」としています。
 二度と戦争はしないという思いを、、、はわかる。今の平和のために犠牲になった人達が、、、もわかる。しかしながら「日本は他国を侵略しひどいことをたくさんしてきた悪い国である」という刷り込みを毎年マスコミからされているみたいで気持ちが良くないです。なんでここまで自虐的な歴史観を国民に押し付けるのか理解できません。戦争は勝てば正義、負ければ悪です。昔から決まっているルールですよね。勝者が敗者を裁くのです。
 戦没者を慰霊することには賛成します。当人たちのことを思うと涙してしまいます。
 アメリカ、イギリス、フランス、カナダ、ロシアでは9月2日を対日勝戦記念日としています。ポツダム宣言による降伏文書に日本が調印した日です。

追記:連合国軍の占領下にあった1952年(昭和27年)4月27日までの新聞紙上では9月2日を降伏の日降伏記念日敗戦記念日と呼んでいた。屈辱の歴史を噛み締めるためにそのままでもよかったのではないかと思ってしまいます。「終戦記念日」というと「戦争が終わってよかった」という風に感じるのが一般的です。戦争を仕掛けたのは日本、だから日本が悪いと短絡的にとらえがちです。マスコミは意識的にこの終戦記念日という言葉を使っているような気がしてならない。

追記2:8月15日を日本が戦争に敗北した日という事実を忘却し、日本人にとって「屈辱の日」「惨めな日」であるという感覚を希釈するという意図も感じます。最近マスコミに対して懐疑的になってます。ニュースのコメントがあると、その目的は?裏の意図は?と考えてしまいます。




[PR]
by flymantacky5 | 2017-08-15 21:55 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/26892575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< チヌ落とし込み釣り用リール 海水浴 >>