命日

夢を見た。
 大宮の甘味処でお食事、母に時間を指定されたので妹と出かける。妹は何故か着物だ。あまり時間がないのに2人で和風喫茶でお茶と和菓子をいただく。時計を見るともう6時だ。着物の妹と走る。約束のお店に行くと母が弟を連れてすでにテーブルについている。弟は野球帽を被ったまま車のおもちゃをテーブルに走らせて遊んでいる。小学校3年生くらいだ?こんなに小さかったかな〜と思う。母は妹の着物のセンスが気に入らないという。私はどの席に座ろうか迷う。父はまだ来ていないようだ。父はどこに座るのだろう。あれ? なんかおかしい。何か違和感がある?「パパはまだ来てないの?」と聞こうとしたが声が出ない。そのことを聞いてはいけない気がした。
 目が覚めた。今日は父の命日です。20年以上たっているのに、、。
c0022268_9433413.jpg

墓参りに向かう車の中で「命日って明日じゃない?」と言われた。え〜っ自信がない。お寺に着くと叔父に会った。とても元気そうなのでびっくり。(最初墓石のセールスマンだと思い、気がつきませんでした。失礼しました。あと、お花ありがとうございます。)線香を供え墓石の日付をチェックする。命日はやはり明日でした。母に電話したら生花が供えてあることを聞いて喜んでいました。
[PR]
by flymantacky5 | 2007-03-10 07:27 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/5688278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 謹慎 しらこばと水上公園 >>