渓流スタート

ヤマメの顔が見たくなり今シーズン初渓流釣行。朝準備をしていると、なんと雪が!インターネットで行き先の朝気温をチェックする。-1℃。気持ちがめげたが今日を逃すとチャンスはなかなか無いので出かける。日釣券1800円を買って初める。生体反応なし。と思っていたらばらした。気温8℃、水温5℃。あきらめて下流へ移動。毛針に興奮して、ユスリカのハッチにライズが始まる。それをだますようにドライフライ16番バイビジブルで引っ掛ける。ばらす。30分粘って2尾釣れた。我ながらせこい釣りだと思う。気温11℃、水温6℃。午後になったらちゃんと毛針に反応し始めました。
c0022268_18152741.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2007-03-16 18:15 | フライ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tacky5.exblog.jp/tb/5727271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ボトムマスター at 2007-03-18 09:32 x
こんにちは。綺麗なヤマメですね。私は6日に芦ノ湖に様子見に行きました。基本的にはへら狙いですが、いくら何でも早すぎるだろうとは思っていたもののマス系のアタリも無く、へらがダメならニジマスでもという目論見は見事に外れました。13日は村国園にやっと行けたものの底釣り大会とかで一般席は激混み。10時~14時で4枚でした。
Commented by flymantacky5 at 2007-03-20 21:46
尾びれはピンピン、胸びれ腹びれは黄色の硬質セルロイド、ボディはぷりんぷりんの美形です。上流の放流場所で釣れたヤマメはボロぞうきんのようで哀しいです。生き残ればグラマラスな魚体になって釣り人を喜ばせるでしょう。みんなバーブレスでリリースして欲しいと思います。


<< しらこばと水上公園 謹慎 >>