カテゴリ:本( 46 )

ニルスの不思議な旅

ネットで調べて分かりました。小学生が自国スウェーデンの地理を学ぶために依頼を受けた著者が書いた小説です。子供向けとかいいながら2巻目の内容は涙あり、含蓄あり、、とても素晴らしいです。
c0022268_20311111.jpg

今日、3巻目借りてきました。日本版アニメがあると知り、ちょっと見てみましたが、、がっかり。小説の高尚さが全く感じられない。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-06-03 20:31 | | Trackback | Comments(0)

ジョン万次郎

仕事がらみで本を読む機会を自分で無理矢理作った。読みかけの本が3冊たまっているのだが、それは使えない。新たに図書館で3冊借りて1週間で全部読みました。
c0022268_19115853.jpg

おすすめは写真右の今年の読書感想文コンクール課題図書高校生の部「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」です。なんと!外人が書いてます。児童文学専門の作家だからか、平易で分かりやすい表現だし丁寧ですんなり読めます。たぶん訳者が良いのだと思います。チャレンジ精神と勇気をもらえる本です。
 真ん中の本は、最近スウェーデン民謡(Swedish Trad)をフルートで吹いているので(ニッケルハルパの影響)借りてみました。題名だけは有名なのですが読むのは初めてです。スウェーデンを旅する物語です。なかなかいいです。主人公の少年ニルスが小人になってガチョウと一緒にガンの群れに加わり旅します。1巻目読破、2巻目借りました。一番左はさくらももこです。息抜きにぴったり。でも、何の役にも立たないかも、、、
[PR]
by flymantacky5 | 2013-05-29 19:19 | | Trackback | Comments(0)

先生、モモンガの風呂に入ってください!

鳥取環境大学の森の人間動物行動学のこのシリーズ、一度読んでみたいと思っていたら娘が図書館で借りて読んでました。食卓にあったその本をパラパラっとめくっていたらいつの間にか読み始めていました。平易な文章で作者のウイットにあふれたブログのような感覚で楽しく読めます。
c0022268_18172984.jpg

気になった文章の抜粋:その研究成果とは、話せば長くなるので手短に申し上げるが、「人間という動物の脳は、本来、野生動物の習性・生態に特に強い関心をもつ特性を備えている。そして、野生動物の習性・生態にじかに触れることによって、擬人化思考も働き、それらの生物に対する畏敬や親愛の感情が高まっていく」というものである。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-02-25 18:17 | | Trackback | Comments(0)

「カルト宗教」取材したらこうだった

今や時の人?やや日刊カルト新聞主筆が出した。このサイトはたまに読むので、冗談混じりの言動や下品な言葉、、この人どんくらい本気なんや?と思っていましたが。マジです、直球勝負。マスコミやジャーナリストを名乗るなら、このくらいの覚悟と正義感を持って行動して欲しいです。 まぁ間違った正義感を振り回されると回りが迷惑ですけれどね。
c0022268_546629.jpg

ついていた帯に:「セックス教団」が主催する5泊6日、参加者400人の合宿に潜入すると・・・!!!
 とありました。ウソではありませんが淡い期待を裏切る真面目さです。
[PR]
by flymantacky5 | 2012-08-15 05:46 | | Trackback | Comments(0)

人間の基本

 曽野綾子の辛口のコラムが結構好きだ。この本も辛口で、81才のおばあちゃんが言いたい放題書いています。でも品格があり嫌な気分にはならない。基本的にこの人の考え方は正しい、と私は思っています。
c0022268_20173115.jpg

良い本です。若い人たちにも読んで欲しい
[PR]
by flymantacky5 | 2012-06-12 20:18 | | Trackback | Comments(0)

ウィッチクラフトワークス

 ヤフーの立ち読みでちょっと読んだら続きが読みたくなってしまい、購入。第1巻はエロ漫画的導入展開。さえない男主人公に大女美人が「あなたを守る」と言って急接近。まぁ、こんなもんか〜と思いましたが 第2巻では純愛路線に魔法界の戦いを味付けし話が急にでかくなる。「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」を思い出しました。けっこうハマってしまい3巻目を発注してしまいました。第3巻はこれってギャグ漫画だったの?期待を大きく裏切る面白さです。
c0022268_15412931.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2012-06-10 15:41 | | Trackback | Comments(0)

幻想と覚醒 苫米地英人(とまべちひでと)

「脱洗脳」関係で調べていたら出会いました。久しぶりに読む快感を与えてくれた本です。一気に読めます。痛快です!あまりに極論過ぎてそのまま生で飲み込むのは無理だけど、妙に納得できる。「この世のしがらみ 煩悩 そのたもろもろ」からの脱出する方法を説いています。かなり、おすすめ! 途中で「この人、狂ってる?」と思うかもしれないけど読み終わった後の爽快感は格別です。天才と狂人の境目を行ってる感じがするが全て論理的で平易な文章でまとめてあります。
c0022268_2125015.jpg

著者は「この世はすべて幻想である」と大真面目に述べ、説明します。そして結論は「この世が幻想であるからこそ、皆さんは最高の幸せを享受し続けられるはずです。」そんじょそこらの脱マインドコントロールの本とはレベルが違います。苫米地氏のブログはこちら
[PR]
by flymantacky5 | 2012-06-06 21:29 | | Trackback | Comments(0)

虚業集団

ずっと前から欲しかったが買えなかった(売っていなかった)本をインターネットで手に入れた。プレミアがついていました。内容はネットに全文流れているのでその気になれば調べる事ができます。いわゆる暴露本です。そのうち、永久追放(除名処分)された大川きょう子さんも出版するのでしょうか。
c0022268_1423959.jpg

『虚業教団』は活動方針や大川に対する批判、論評を含む内容であったため幸福の科学から20数カ所を捏造であるとして1億円の損害賠償で訴えられるが、6年間におよぶ裁判の結果、該当箇所は全て事実であることが立証され関谷が勝訴する(Wikipediaより)
[PR]
by flymantacky5 | 2011-10-22 14:23 | | Trackback | Comments(0)

がんに効く生活

c0022268_18464733.jpg
がん患者のバイブルとも言うべき本だ。最初よくある医者が食事療法を説いた本かと思ったが違う。本人がガンを直すために、生き延びるために集めた知識と経験を全て書いているのだ。読むのは大変です、でも読み終わった後すがすがしい気持になれます。自分のもともと持つ力を信じ真摯に生きることの大切さ、命の大切さを感じられる本です。お勧め!
[PR]
by flymantacky5 | 2011-10-19 18:46 | | Trackback | Comments(0)

パチンコ「30兆円の闇」

前読んだ「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」よりもルポとしてはこちらの方が上だという情報を聞いて購入しました。たしかにこちらの方が数倍上で、冷静に調査していて比べ物にならない。また憶測で書いてある部分も少なく優れている。しかし、読んでいてとても気持が重くなり、日本人であること自体に罪悪感を感じてしまうほどの内容である。パチンコをやったことのある人は読むべきです。また、少しでもパチンコをやめたいと思っている人がいたら勧めて下さい。自分の払った金がどうなるのか知ったらばかばかしくてパチンコやめられると思います。
c0022268_1883979.jpg

パチンコは、1.全廃する 2.レジャーにし換金を禁止する 3.カジノとして管理する
この3つのどれかにはっきりしないと大変な社会問題になると思う。いや、すでになっている。なのにパチンコ議員がいて、TV局もスポンサーだし、警察も食い物にしているので何もいわない。この本を読んでもまったく明るい未来が見えない。そういう意味で重たい本です。でも、目を背けてはいけないと思います。
PS読み始めたら最後まで読んで欲しいです。作者の言いたいことは後半1/3くらいに詰まっています。
[PR]
by flymantacky5 | 2011-09-27 18:08 | | Trackback | Comments(0)