カテゴリ:音楽( 389 )

デビット グリスマン

学生の頃、親友の下宿で良く聞かされたLPレコード。演奏者名も曲名もわからない。でも表紙のデザインだけは印象に残っていたのを、ふとしたきっかけでインターネットで発見。CD購入しました。ブルーグラスの人だったんだ〜。今更ながらに名盤だとおもう。半分ジャズだと思うけどね。マンドリンの名手David Grisman
 そういえばこの友人は、キャロルキング、ロッドスチュアート、イーグルスから始まって高田渡、加川良までいろいろ聞かせてくれた。ハイニッカよく飲んだなぁ
c0022268_21213050.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-10-29 21:21 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

大宮フィルハーモニー管弦楽団

第8回アンサンブルコンサート行って来ました。久しぶりの弦の音に心揺さぶられる感じで良かったです。プラザノース ホール我々のバンドがやるにはどうか?というサウンドチェックが目的でしたが、ナチュラルな響きで何にでも合いそうですね。
c0022268_15395734.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-10-11 15:40 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

浦和 Local Heroes

アイリッシュ音楽浦和練習会参加して来ました。ホイッスル、コンサーティナ、ハープ、ギター、キーボード、フルート。10月17日(日)ふかや緑の王国「第2回森の音楽会」参加に向けて練習と最終確認。残念ながら私は全国手話検定があるので参加できません。悔しい〜、みんな頑張って下さい。
第1ステージ:11:45〜12:00ラクウショウ地区ステージDにて
第2ステージ:13:45〜14:00ハナミズキ地区ステージCにて
c0022268_21152330.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-10-03 21:15 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

GrageBandその2

Arrietty's Songが完成した、、と思う。アコースティックギター、ナイロン弦アコギ、ティンホイッスル、LowDホイッスル、アイリッシュフルート、コンサーティナ、以上6役やりました。ミックスダウンになって、チューニング補正やタイミング補正があることに気がついた。至れり尽くせりですね。私には関係ないが。
 聞いてみると、へたなんだか上手いんだかわからない。つまり、下手なのかなぁ。でもこれをMDにダビングし配れば曲の合奏完成イメージは理解できるので「目的は達成」です。
 各パートごとに録音し直しが出来るのでやりたい!とは思うが、時間がもったいないので違う曲でやったほうが経験値が上がると思いました。
c0022268_22151331.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-09-12 22:15 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

GrageBand(ガレージバンド)

先週、浦和アイリッシュ練習会に参加して来ました。2回目です。私の書いた譜面、借りぐらしのアリエッティ主題歌「Arrietty's Song」のイメージがみなさんなかなかつかめないようです。かく言う私もいまいちなので、今日はパソコンでギター伴奏を録音し、それにあわせてホイッスルとコンサーティナを練習(自主練?)しました。ソフトは「Sound It!」パソコンへの接続(オーディオキャプチャ)は写真右下のローランドEDIROL UA4FXです。
 このEDIROLは優れもので、オーディオのパソコンへの取り込みだけでなく、パソコンの音をUSBを通してアナログに変換してステレオに出力したり、デジタルのままMDに取り込んだり自由に出来ます。私は常時パソコンの音は全てUSB端子からこのEDIROLを通してステレオで聞いています。Youtube,myspaceなどの音楽が高品質で聞けます。パソコンの音声出力(ヘッドホン端子)などからステレオ装置に入力するよりはるかに音質は優れています。おすすめ!
c0022268_22515247.jpg

そうこうしているうちに、多重録音してみたい虫がうずうずと、、。もしかして、、?と思い、mac miniの付録のソフトGrageBandで可能なことを発見! でもここからが大変でした。ちょっといじったことのあるソフトでしたが、これで録音するのは初めてです。一発目を録音するまでに5時間ぐらい費やしてしまいました。とりあえずギター伴奏だけでも録音できて内心喜んでいたら、お昼にSound It! で録音した方が遥かに音質が良くてちょーガッカリです。でも気を取り直して明日は笛とコンサーティナをかぶせて、もう一つギターを重ねて音に厚みを出したいなぁ。
 多重録音始めると、時間をかなり食う。高2のときに「22才の別れ」をギター5つとボーカルを重ねた経験があるので良く知っています。とても非生産的な作業です。でも我を忘れて没頭できます。
PS:プロなど、慣れてる方は別です。デモテープ作成には不可欠?
[PR]
by flymantacky5 | 2010-09-11 22:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Goldie LowD Whistle

先週手に入れたゴールディー(旧Overton)LowD管ホイッスル(写真一番下)気に入ってます。一番上からジェネレーションD管、G管、マイケルバークLowDバイパー管です。
c0022268_22224845.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-08-16 22:23 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

TinWhistle

グレンフィナンのサイトをずっと2週間ぐらい観ていた。新しいティンホイッスルが欲しいのだ。特にクレアのニッケル管とディクソンの真鍮管。迷っていたら先週ディクソンを吹く機会を得た。とても良いが、重い。迷ったあげく結局アルミ管にしてウォルトンのブラックも合わせてマウスをポチットな。3日で届いた。
c0022268_11152842.jpg

上:WALTON'S Little Black Whistle D アルミ管です。超軽量、強度的に不安を感じるくらい肉薄。そのぶん管全体が共鳴する感じの、アルミらしくない、、でもアルミの音。ピッチが??と思ったが歌口をほんの少しスライドしたらばっちりGood。少し吹き込んだらステージで使えそうだ。お買い得!
中:ClareニッケルD ニッケルの鋭い音に哀愁が加味されて、吹いていて気持がよい。気に入った。
下:Dixonアルミ・チューナブルD 即ステージで使える品質だ。OVERTONの管体にディクソンの音を載せた感じ。でも音が細い。アルミがかなり肉厚で音程は良く安定しているが、その分面白みに欠けるかも?初心者はこのぐらい音の安定した楽器の方が上達が早いと思います。初心者初級者にお勧め!

PS:開封して、吹いて1日目の感想です。吹き込むとまた音が変わることもあります。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-07-31 11:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

iPadダルシマー

これなんでしょう?iPadです。ぶったまげ〜弦に音階が書いてあります。指で触れると良い音がします!ハンマーダルシマーそのもの。ハンマーも皮付きと、木そのもののストレートと使い分けできます。
c0022268_2072256.jpg

その他にコンサーティーナ、シンセサイザー、パイプオルガン etc... う〜欲しい!
[PR]
by flymantacky5 | 2010-07-25 20:07 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

借りぐらし2

セシル・コルベルのアルバム「借りぐらし」を購入。全曲ハープが入っている。ティンホイッスルやボーランも。これは演るしか無いでしょう。
 主題歌「Arrietty's Song」の楽譜を手に入れた。ゲッ、♭2個のGmだ。バンドでやるにはこのままの調ではアイリッシュフルートが使えないし、ダルシマもつらいか? プロモーションビデオを見るとギターが3カポで演奏している。下げてEmにするか、上げてAmにするか。女声ボーカルが入ることも見越して考えたほうが良いか?悩むぅ
 メロディの一部が昔のジブリ作品に似ているのが気になるのは、私だけか??転調しアレンジ譜を手描きしていたら半日潰れてしまった。セシルコルベルよく調べたら他のアルバムのほうがずっと良い。他のハープ弾きと比べてもなかなか良いと思います。「借りぐらし」だけで判断は禁物です。
c0022268_20361955.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-07-11 12:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュ練習会in西浦和

グレンフィナンの紹介で、浦和でアイリッシュ音楽の練習会があるというので参加して来ました。本日は4人だけでしたがコンサーティナもいてとても楽しかった。私はティンホイッスルとフルートで参加。バンド名が泣かせる「LOCAL HEROES」
c0022268_21114672.jpg

写真左方に固まっているのは撮り鉄だ。そういえば数日前にも武蔵野線のとある駅で撮り鉄おじいちゃん同士が口論してましたねぇ。電気機関車EF66が単独で走ったり、貨物も多いのでファンにはたまらんのかも。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-27 21:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)