カテゴリ:音楽( 357 )

nuvo-jSAX

このjSAX、ほんとにおもちゃのサックス。でも構造が同じだからそれなりの音は出る。サックスやってみたいけど音が出るか心配とか、値段が高すぎていきなりでは勇気がいるって思ってる人にはピッタリ!プラスチックのリードが付いてる。この真面目さが泣かせるぜ
c0022268_19564189.jpg
真剣に真面目なおもちゃです。面白いよ〜 半音が音程悪くて使えないけど、、
工夫すればなんとかなるかなぁ 一番下(写真では右)のラッパ部分がゴム製なのが笑わせる〜プラスティックリードに慣れたらケーンリード(本物E♭クラリネット用)を説明書の中で勧めているのも泣かせます。
コンサート前にこんなことしてるとフルートのアンブシュアが崩れてしまうのでほどほどにしておこうっと。


[PR]
by flymantacky5 | 2016-11-25 20:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

FDライヴ

いつもお世話になっている?北越谷ライブCafe「おーるどタイム」で久しぶりのライヴをやります。興味のある方来て下さい〜。ここは普通の?喫茶店です、ビールも飲めます!!軽食あり500円

c0022268_05104500.jpg
結成27年目。




[PR]
by flymantacky5 | 2016-11-25 05:15 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュフルート考察「入門編」

アイリッシュフルート考察「入門編」目次です。




アイリッシュフルート考察「本編」はこちらです。
ティンホイッスル講座はこちらです。






[PR]
by flymantacky5 | 2016-11-13 06:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュフルート考察「入門編」4

日々やらなければいけない?お手入れについてです。吹き終わった後は管内部が濡れています。この水分を拭き取る事と外部についた汚れ(手の油や汗など)を落とす事が必要です。管楽器経験者はこれを読んで「ふ〜ん、そうか」で終わりなんですが初心者はわかりませんよね。
まず掃除棒が必要です。
c0022268_21103506.jpg
フルートの管をそれぞれはずして、掃除棒にガーゼなど吸水性の良い布を巻き付けて管内部に差し入れて回しながら水分を拭き取ります。頭部管はヘッドジョイント部をグリグリやって傷つけないように注意して下さい。特にコルクがむき出しのものはすり減って凹んでしまいます。ジョイント部にも水滴が溜ってたりするのでていねいに拭き取りましょう。つぎに楽器用のクロスや眼鏡拭きなどの柔らかい布で外部表面の汚れをていねいに拭き取ります。終了!
しかーし、市販の掃除棒では太すぎてフルートの足部管に入らなかったりします。
下写真の左からモダンフルート、アイリッシュフルート3本、ソプラノリコーダー、アルトリコーダー、ティンホイッスル、ローホイッスルD管のそれぞれの足部管や端っこの細い部分を比べてあります。
c0022268_21164611.jpg
きちんと掃除できないと気になるので、掃除棒を自作する事をお勧めします。自分の楽器に合わせて長さを調節できるので便利です。下写真の右3本が自作した物です。
c0022268_21161762.jpg
細い棒(竹や編み棒)の先端にクリップを固定すればOKです。
私はもうちょい、いいかげんです。掃除棒にティッシュペーパーを巻き付けて頭部管の水分を拭き取ります。他の管内部はクリーニングスワッブ(下写真右)を通してます。
c0022268_21163877.jpg
写真左は「楽器用クロス」両方とも管楽器を扱っている楽器屋さんにあるはずです。右の使い方は、
c0022268_21290066.jpg
おもりの入ったひもの先端を写真のように通して、手で引っぱりザッと通して終わりです。らくちん〜 
 あっそうそう、樹脂製フルートは掃除しなくても大丈夫です。まあ、時々はした方が良いとは思いますが、、私はたまーにやります。頭部管内部に金属が入っている楽器はサビが怖いのでそこの部分は時々やってます。ヘッドジョイントがコルクの物もかなり濡れてる時は拭いた方が良いでしょう。振り切って飛ばしてもOK

余談:モダンフルートやホイッスルは管体が直管です。頭部管は少し工夫がありますが、指でおさえる部分はまっすぐです。リコーダーやアイリッシュフルートはテーパーがついていて端にいくほど細くなっています。
参考:
アイリッシュフルート考察「本編」は→こちら




[PR]
by flymantacky5 | 2016-11-12 21:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュフルート考察「入門編」3

質問第2弾が来ました
6穴部は真上に向けるとのことですが、吹き口のある頭管部はどのくらい手前に傾けていいのか、
(
ちょっと手前にした方が音がよく出るような気がしてます)
構えた時の左手首の形が変じゃないか(かなり逆に反ってるような)、ホイッスルに比べてかなり肺活量が要りそうですが慣れればそんなでもないのか・・・
などなど質問がたくさんあります。
よろしくお願いします。
c0022268_07373396.jpg
おっしゃる通りフルートの頭部管をセッティング(本体に差し込む)の時、指穴と歌口を一直線上にそろえるというのがモダンフルートでは一般的です。アイリッシュフルートは息(くちびる)をかぶせるように吹く事が多いので、私はほんの少し頭部管を手前に差し込んでいます。どの程度か文章ではうまく伝えられませんが、目で見て「あれ?ほんのちょっとずれてるな」くらいですー笑ー
聞かれてみて初めて自分の吹き方をチェックしたら、楽器全体を少しだけ自分の体の方へ回して(傾けて)演奏していました。気持ちは真上なんですが、、
 フルートはホイッスルに比べて肺活量はかなり必要です。特に初心者は「こんなの吹き続けるのは無理かも??」と思うくらいです。でも安心して下さい。徐々に効率よく「息を音に変える」ことができるようになります。腹式呼吸は必須です。私は、ステージでフルートの後に持ち替えでホイッスルを吹くと、息が余って苦しくなります


[PR]
by flymantacky5 | 2016-11-03 07:38 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュフルート考察「入門編」2

フルートを生まれて初めて私の目の前で組み立てて、どうやって音を出すんですか?と聞かれました。
 とりあえず吹いてもらいました。全く音が出ません。本当の初心者は音がだせないということを思い出しました。「穴に息を吹き込む」という表現だけでは無理なんです。実際に私の吹き方を見せてまねしてもらい、音だし成功!やったね。ポイントは以下の通り
c0022268_22553972.jpg
1、両手でフルートを支える(左手は口より左のヘッド部を下から支え、右手は指穴をおさえず左手と同じように下から支える。とにかく楽器を水平状態で安定させる)
2、あいうえおの「え」の口の形で、そのまま唇を閉じる。
3、下唇の下側に楽器をあてる
4、唄口の向こう側の縁をねらって息を出す
文章で書くと大変ですが実際に教われば数分で音が出ます。そのあと音階を練習しますが、穴を全部おさえて最低音のD(レ)を出そうとしても無理です。左三つと右手の人差し指の合計指穴4つをおさえたF#(ファシャープ)が楽器も安定して音も出しやすいです。下からひとつずつ指を離していきF#、G、A、Bあたりを練習しましょう。
c0022268_06585012.jpg
c0022268_22560030.jpg
参考




[PR]
by flymantacky5 | 2016-11-02 22:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュフルート考察「入門編」1

アイリッシュフルート考察」で自由に書いていましたが、基本的な事で質問される機会が増えて来たので「入門編」として説明したいと思います。また聞かれた時に「ここ読んで下さい」と答えたり、自分の言った事を記録しておく意味もあります。
c0022268_04495675.jpg
入門となると、とても基本的な事を質問される事が多いのでモダンフルート(金属製の現在の一般的なフルート)の入門書とかぶる事が多いです。しかし初心者はどこがモダンフルートと共通でどこが別なのか分からないと思います。私は両方吹くしフラウト・トラベルソも吹くのでそこらへんは分かりやすく説明できるような気がします。

質問1:中古の木製(ローズウッド)フルートを購入した方からの質問です。
今まで吹かれていた笛ですから「慣らし」は必要ないですよね?
週末に練習の予定です。日曜の練習の後、週に1度オイルを塗った方がいいですか?オイリングの頻度はもっと少なくても大丈夫でしょうか?
 最近まで使われていた笛なら慣らしが終わっているので長時間吹いても大丈夫です。ただし、演奏後には必ず管内部の水分をガーゼかティッシュで拭き取って下さい。管の外側は柔らかい布(ギター用のクロスなどでOK)で指の油や汚れを拭き取ること。オイリングはしてあるでしょうから、やらなくても大丈夫だとは思いますが半年に1度くらいできると良いでしょう。
 出所不明でどのような状態で置かれていたか分からない場合は、慣らしをした方が無難でしょう。オイリングも同様、やった方が良いと思います。基本的に初心者が状態の分からない中古の笛を買うのは止めた方が良いと思います。周りに教えてくれる、またはアイリッシュフルートを吹いている方がいない場合は最初の1本は樹脂製の新品が無難です。
参考:








[PR]
by flymantacky5 | 2016-10-31 05:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

コンサーティナケース

ティナのハードケースにぴったりの箱を見つけました。明邦化学工業の"Run Gun"System Box 「VW-2055」3800円
c0022268_06144361.jpg
ルアー釣り用品です。一番上の薄くて白い蓋を開けると
c0022268_06145309.jpg
2枚目のオレンジ色の蓋があたるので真ん中をくりぬく必要があります。カッターナイフで切りました。
c0022268_06144330.jpg
下の本体内側にコルクボード貼って使用。ハードケースとして十分かな?左は発泡建材(スタイロフォーム2cm厚)を使って自作中のケースです。


[PR]
by flymantacky5 | 2016-10-26 06:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

上尾リコーダー合奏団第5回定期演奏会

大宮聖愛教会でリコーダーの合奏を聴きました。ここはよく音が通っていい響きです。写真1番右のコントラベースが相変わらずいい音です。大宮リコーダープレイヤーズ時代の友人も、前の職場の同僚も聴きに来ていました。懐かしい〜
c0022268_23161942.jpg



[PR]
by flymantacky5 | 2016-10-22 23:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Hard Times

英語で格好良くは唄えないけど、この曲は好きです。アメリカの南北戦争時代を歌ったフォスターの曲だ。共演したこともあるバンドメンバーのベース弾きに貸してもらったゲールフォースのビデオに入っていた。ディダナンの伴奏でそうそうたる歌手が並んで歌っている。
c0022268_23005041.jpg
しっとり系はこちら
個人的には力強い歌い方が好きです。メアリーブラックとデダナンはこの曲が好きらしく色んな動画があります。ちょっと元気すぎるのはこちら




[PR]
by flymantacky5 | 2016-10-18 23:06 | 音楽 | Trackback | Comments(0)