<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

歓の泉(よろこびのいずみ)

料理の味を引き立て、なおかつ酒のうまさを楽しめる「歓の泉」岡山県倉敷の中田酒造有限会社 平成21年12月廃業とのことです。悲しい。私の知らないところにこんなうまい酒があるんだと気付かせてくれた酒です。さようなら  今出回っている商品が無くなったら終わりらしい。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-30 20:19 | | Trackback | Comments(0)

怒らないこと

怒るのと叱るのは違う。怒りながら叱るのはあまり良くない。自分の感情を抑えきれなくなり、ただ人にぶつけているだけに成りやすい。愛しているから、その子のためを思っているから怒るのだという人ほど自分の気持をすっきりさせるためだけに怒っていることが多い。客観的に自分の感情をコントロールしながら人にぶつけると相手は感動することが多いが、失敗した時のリスクを考えると一般的には怒らないのが懸命な選択だ。ただし子育てに関しては例外はあると私は思っている。この本ではもっと宗教的に怒ることの愚かしさを説いている。そのまま鵜呑みにするのは苦しいが、9割は納得できる。この手の本で9割納得できるのは素晴らしいと思います。
c0022268_1954827.jpg

本気で怒って相手がわかった時、私はその時とても嬉しい気持に成る。でもよく考えると、怒らなければわかってもらえなかったのかと思うと、私は本当に悲しい。相手を哀れむ気持になってしまう。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-28 19:54 | | Trackback | Comments(0)

アイリッシュ練習会in西浦和

グレンフィナンの紹介で、浦和でアイリッシュ音楽の練習会があるというので参加して来ました。本日は4人だけでしたがコンサーティナもいてとても楽しかった。私はティンホイッスルとフルートで参加。バンド名が泣かせる「LOCAL HEROES」
c0022268_21114672.jpg

写真左方に固まっているのは撮り鉄だ。そういえば数日前にも武蔵野線のとある駅で撮り鉄おじいちゃん同士が口論してましたねぇ。電気機関車EF66が単独で走ったり、貨物も多いのでファンにはたまらんのかも。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-27 21:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ハバナクラブ3年

 ラム挑戦2本目。ほんとはダークラムを飲んでみたいが恐い。私はバーボンのあの匂いが今ひとつ好きになれない。ということで、うっすら色のついたこいつ「Havana Club 3年」をチョイス。
 う〜ん、バカルディのほうが洗練された味だな〜。
 
c0022268_2037136.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-26 20:37 | | Trackback | Comments(0)

東京都小平市

18日は1日出張だからまだ良かった。通常勤務をこなしながらの昨日は東京メトロ千代田線町屋、今日は小平市への出張です。重たい体を引きずるようにして手話講習会へ。久しぶりにリポビタンDを飲みました。
c0022268_23154239.jpg

JR武蔵野線新小平駅前の中華料理店「一品菜」サービス定食五目あんかけ炒飯がめちゃくちゃ美味しくて感動!お昼ご飯で感動したのは久しぶりです。昨日は連れと一緒に入りたくないマックで昼食だったからかなぁ?店を出たら目の前に中華料理ライバル店がありました。ちょっと納得。適度な競争は素晴らしい結果を生むのだ。と想いつつ、夕飯は珈琲館でキリマンとホットドックでした。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-22 23:17 | Trackback | Comments(0)

手話の世界を訪ねよう

入門として勧められて読みました。が、ろう文化理解(異文化理解)のための本でした。聴覚障害理解のための入門書としてこれ1冊だけを勧める気にはなれません。かといって他に適切な本があるのかと言われると困ります。ろう者、難聴者、中途失聴者の違いは、ろう文化としての切り口で仕分けするとすっきりと理解できることが初めてわかりました。ろう者が難聴者に投げかけるこだわりの視線が今まで理解できませんでした。しかし、この著者が夫婦で書いた「手話で行こう」は本音の話でとても良かったので、ちょっとがっかり。著者の仕事として研究分野としての堅さがあるのかなぁ。聴者がろう者の立場で書いた本です。関係者は必読です。
c0022268_11521317.jpg

初めての人に勧めるなら「手話で行こう」秋山なみ・亀井伸孝著 ですね。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-20 11:52 | 手話・ろう | Trackback | Comments(0)

花泉「だぢゅー」

純米酒です。「純米」と言わないところがかわいい。福島県南会津町南郷村の花泉は冷蔵してあった酒は全て あたり! でした。昨日は辛口トマトカレーを食いながら飲んだけど酒が負けない。今日は298円のカツオとサクランボです。初めて刺身包丁で刺身をおろしました。日本酒に合う〜でも酔って来たらだぢゅーの甘さとカツオの味がずれて来た。少し楽しむのには最高です。
c0022268_20243189.jpg

注1)同じ南郷村の無塩トマトジュース「桃太郎」お勧めです。まるでフルーツジュース
注2)サクランボを見ると思い出す、秋田山形での師匠との釣り。
注3)行きつけの酒屋が無くなるらしい。超ショック! 定価の久保田と田酒が手に入らなくなる
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-19 20:24 | | Trackback | Comments(0)

京成電鉄

成田に行った時乗ったのかなぁ? 乗車の記憶のない京成電鉄。千葉県市川市国府台(こうのだい)への出張で今日乗りました。高砂(たかさご)から柴又(しばまた)に行ってしまい高砂に戻り、今度は新柴又に行ってしまいまた戻りました。最後は駅員に確認して乗りました。金町行き、印旛日本医大、宗吾参道行きなどと言われても私にはさっぱり理解不能。少なくとも関東に住んでる人間にわかる地名を使って欲しいと思うのは私だけか? かなり早く家を出たので遅刻はしませんでした。でも疲れた
c0022268_2044653.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-18 20:04 | Trackback | Comments(0)

源流釣行

c0022268_20414271.jpg

こんなに早く起きて、高速突っ走って、、私はこんなのは嫌いなんです。本当は7時くらいに起きてのんびり朝食を食べてから出かける里川のヤマメ釣りが好きなんです。でもビッグで美しい岩魚(いわな)に出会える保証があるなら私は出かけます。
c0022268_2041554.jpg

美しい完璧な魚体。この沢で世代交代を続けて来たネイティブ。大切に守らなくてはならない。しかしながら、直ったと思っていた腰痛が悪化。腰をかがめてキャストできません。早々に退却し接骨院へ、、。自業自得か。直ったと思っていたのに、、。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-17 20:44 | フライ | Trackback | Comments(0)

日韓がタブーにする半島の歴史

タブー視されているが、知っていないと愚かしい。強烈なひと太刀、お勧め、必読!
c0022268_2284443.jpg

読み始めたら、最後まで読んで欲しい。この手の本は最後読まないと誤解したまま終わることがある。注意 720円
[PR]
by flymantacky5 | 2010-06-14 22:08 | | Trackback | Comments(0)