<   2013年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ジブリアニメ「風立ちぬ」(2回目)

あまりにも良かったのと、もう少し細かく観たいと思い映画館2回目行ってきました。菜穂子の伏線部分から涙が出ます。もう公開から40日経ちましたが、観客は結構いたのでロングラン継続でしょう。
c0022268_14463736.jpg

映画の中では戦争反対とか、賛成とか全く触れていない。この映画の感想に戦争云々言う人はこの映画を利用して何か言いたい人だけだと思います。全く映画に対する冒涜だと思います。
 もう一回観て、色々見えてくる細かいところがなかなか味わい深く、、良いです。今まで零戦はデザイン的に好みではなかったけど印象変わりました。 でも、やっぱりメッサーシュミットのほうがかっこいいな。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-31 14:54 | Trackback | Comments(1)

純米吟醸「酔心稲穂」

久しぶりに仕事帰りのスーパーで見かけた純吟「酔心」買いました。刺身と一緒に味わっていたらエンジンがかかってしまい、外へ飲みに行きました。
c0022268_2338073.jpg

刺身と日本酒は、、、危ない。合い過ぎる
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-30 23:38 | | Trackback | Comments(2)

釣行写真

自分の釣っている姿は自分にはわからない。まして写真なんて貴重だ。同行した友から送られてきました。
c0022268_19212249.jpg

身をかがめ、岩魚に悟られないようにテンカラ竿を振る私。この直後この日最初の1尾が釣れました。毛針に反応し動いただけの岩魚に、毛針にアクションを加えツンツンッ、、、ガバッと出ました。フライ竿だとこうはいきません。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-28 19:25 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

宿泊釣行

恒例Y氏との夏期宿泊フライ釣行です。福島の山奥、最初に入ったポイントで魚の反応ゼロ!Yは4尾、けっこうショック。でもポイントの違いらしく次は出ました。
c0022268_2118360.jpg

宿では純米吟醸飛露喜黒ラベルと特別純米田酒で幸せ気分満載でした。
2日目、苦戦。最後に入った川でなんとかヤマメの顔を見ました。
c0022268_21201260.jpg

全走行距離534km けっこうヘロヘロです。いくつ(何歳?)までできるのだろう不安になってしまいました。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-27 21:22 | フライ | Trackback | Comments(0)

未来の卵1

9月から作る「未来の卵」の枠組みを籐で作りました。
c0022268_19523142.jpg

人数分+試作用という事で直径30㎝ほどのものを9つ作りました。7時間かかりました。
c0022268_19532398.jpg

もう少しきれいに作りたいものです。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-23 19:53 | 美術 | Trackback | Comments(0)

ドローイング

昨日のポートフォリオの講義で題材(材料)となる作品造りは折り紙による「造形遊び」だった。事前にそう言ってくれれば良かったが、何も無しに課題を与えられた私は悩みに悩んでしまった。ちょっと美術の専門家たちをコケにしていると感じました。そんでもって怒ったので、ちょっと創作意欲に火が点きました。
c0022268_20405773.jpg

2013.8.22-1
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-22 20:42 | 美術 | Trackback | Comments(0)

ポートフォリオ基礎演習

夏の研修3日目、朝から駅のバス停に並びました。昨日は帰りに大学構内で200m以上並んだので、それに比べればまぁいいかって感じで朝から疲れてます。
c0022268_20333166.jpg

ポートフォリオの実践と演習とか言いながら本当は芸術心理学の講義でした。大学の先生に良くあるパターンなんですが、、内容はなかなか良いけど、しゃべりの語尾がはっきりしないゴニョゴニョでおもいっきり眠気を誘います。語尾を濁されると、発言の意図をくむのに大変苦労します。そこに変な冗談入れられるとなおさらです。
c0022268_20481948.jpg

今日のテーマは結局のところ「ハワード・ガードナーの多元的知能理論(MI理論)」と「ポートフォリオの推奨」でした。美術嫌いの子供を作らないための工夫と新しい観点別評価法の実践についてで、美術が得意な子は賞賛を受けないような感じがしました。体育では運動能力の優れた子は賞賛を受けるし、音楽もそうなのに美術はそこらへんを曖昧にするような傾向を感じてちょっと不満でした。「みんな一緒、みんなよく頑張ったからえらい」みたいなのは私は嫌いです。でも講義内容は良かったです。
c0022268_20484075.jpg

切り紙の課題が次から次に出ます。でもテーマも何も無いんです。適当に組み合わせてスケッチブックに貼ってください。そういわれても最後にA4のクリアファイルに入れるなら配置と切り方も考えなきゃならないし、、そのうち「クリアファイルは使わない事にしましょう、雑誌も持ってきてもらったけどいいです(いりません)。」???? 最後にただポートフォリオの題材を作るための行為だと知りました。ため息
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-21 20:44 | 美術 | Trackback | Comments(0)

紙を使った彫刻(立体)表現についての制作演習

夏の研修2日目です。大学のキャンパスってなんでこんなにすがすがしいのでしょう。若がえるわ!キャンパス内にローソンがあるってのもビックリです。広々としてて普通の店舗の6倍くらいあるし、食べるためのテーブルと椅子もふんだんにあってさらにビックリです。サンドイッチだけで12種類ありました。
c0022268_2163716.jpg

午前中は難しい講義の後演習、ノリしろの無い立方体一辺13cmです。
c0022268_2173998.jpg

意外にきれいに作れます。午後のお題目は「7つ以上の立体を作り構成せよ」です。とにかく午前中の立方体をマスターしたかったし、構成だけで勝負したかったので立方体だけ作りました。一辺が13cm,11,9,7,5.5,4,3,2,1cm
c0022268_2181886.jpg

左は過去から続く残像を内包する現在の立方体。右は現在の姿のみを提示している立方体、その対比です。3時間でこれ作るの大変です〜 一応間に合った
c0022268_21135345.jpg

合評会の様子
c0022268_21151235.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-20 21:10 | 美術 | Trackback | Comments(0)

ドローイング

ドローイングー表現の原点としてー
 夏の研修初日です。どんな事やるのかと思っていたら、表題の通り現代美術の最先端?の言葉通りの「ドローイング」の授業でした。半数の受講生は言葉のその意味が理解できていない状況でした。私は純粋に大切な制作の時間をいただけてありがたかったですが、合評会が長引いて終了時間が50分も延長されたのは不満でした。以下は私の本日のドローイング
 最初の講義部分で紹介された沢山のドローイングの中の1つに触発されて描いた1作目
c0022268_20515386.jpg

横が曲線なので、縦は直線にしたらどうなる?2作目
c0022268_2053696.jpg

面白くない。もっと違うイメージと言うか概念を加えてみたい。今日の日付を入れて絡ませてみた3作目
c0022268_2054281.jpg

もっとかっこよく決まると思っていたのに、、、イメージが違う。このイメージが気に入ったのは何故か?考えてみたら「籐工芸」だと気がついた。そんなら編む事をストレートに描いてみようと思った4作目
c0022268_2056079.jpg

うん、これでいい。もっとストレートに編む事を表現してみたい。色も排除するとどうなる?5作目
c0022268_2102240.jpg

左の部分を描いていて、これじゃ面白くないし時間がかかる。もっとわかりやすく手前に出た部分を太く表現してみたら良い感じ、右部分。じゃ横棒を描かず、編む縦線部分だけで表現するとどうなる?6作目
c0022268_2121071.jpg

これで良いと思う。もう少し単純化してみる7作目
c0022268_2143472.jpg

これで良いとは思うが、以前こんなことやった作家がいたような気がする。横棒ではなく円(ドーナツ)でやってみる8作目
c0022268_216772.jpg

今度は具体的な形にこだわらずに、気分(精神的な凹凸)だけで線の強弱と切れ目を入れてみるとどうなるか実験してみた9作目
c0022268_2110391.jpg

以上。終了。明日もあるでよ 別テーマだけどね
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-19 20:56 | 美術 | Trackback | Comments(0)

「人間にとって成熟とは何か」曾野綾子

行くと必ず数冊本を買ってしまう本屋がある。まだ読みかけが3冊あるのに、、、
 その(昨日買った3冊)うちの1冊「人間にとって成熟とは何か」曾野綾子です。例によって言いたい放題、書きたい放題の79歳文化功労者
c0022268_2021490.jpg

裏表紙よりーーー「正しいことだけをして生きることはできない」「人間の心は矛盾を持つ」「他人を理解することはできない」「礼を言ってもらいたいこらいなら、何もしてやらない」「諦めることも一つの成熟」「憎む相手からも人は学べる」ーーー
 まだ読み始めたばかりですがちょっと感銘を受けた部分P48ーーー「地震後に「改めて絆の大切さがわかった」などという言葉を、十代の若者ならともかく、いい年をした大人の口から聞くと、しらけた気持ちになる」ーーー、P60ーーー「絆の条件は、絆を結んだ相手の、悪い運命をも引き受ける覚悟をすることだ。被災者に同情する小説を書くことではない。今年震災後、一年目の状態で言えば、絆とは、被災地の瓦礫を引き受けることだ。」ーーー
 私の感想としては、あまりに正論で、自分の胸にたまっているもやもやをスパッと文章化されて気持ちいいです。実際それができるかどうかは、また別問題ですけどね。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-18 20:21 | | Trackback | Comments(0)