<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アイリッシュフルート考察11:のどで音を切る

考察:10でいきなり「のどで音を切ります」なんて表現使って、何の事??と思われた方もいると思うので、ここで説明します。
 アイリッシュフルートで音を切る方法としては指で行うカット、タップの他に口やのどで行うタンギングとスローティングがあります。下図の上の歯と下の歯の間Aに舌の先端を当てて息の流れを止める一般的なタンギング。私はこれをトゥートゥータンギング(Tu-Tu-)と教わりました。リコーダーではもっと柔らかく音を切れるドゥードゥータンギング(du-du-)を使います。それは舌をBの部分にあてて息の流れを止めるのです。du de do を発音するような感覚です。またBの次に続けてCに舌をつけて2連続でタンギングを行うのをダブルタンギングと言います。du-ku du-ku と発音するような物です。吹奏楽(管楽器)をやった事のある人は知っていますね。この3種類のタンギングを使ってティンホイッスルを吹く事を私は勧めます。メロディや音に表情をつけやすいと思います。 ところがアイリッシュフルートでは一般的にタンギングは使いません。のどで音を切ります(スローティング) 
Dに舌の根元、奥の方をつけて息の流れを止めます。タンギングよりもさらに優しく音を切ることができます。「ん、ん、ん」と発音するときの要領です。
c0022268_1346236.jpg

小節の頭やジグの3連符の頭に使うとアクセントを強調できます。その上にカットを加えるとより強く表現できます。とあるフルート奏者は基本的に全ての音にスローティングを使っていたりします。
追記1:タンギングがダメと言っているわけではありません。民族音楽に「絶対」はありません。
2:クラリネットやサックスのタンギングはAなんですが、正確に言うとAにマウスピースを挟んでいて、音源であるリード(竹の振動板)に舌先が触れて振動を止めることによって音を切っています。イーリアンパイプなどはタンギングは不可能なのでカットやタップで音を切っています。フルートのカットやタップはパイプのテクニックを応用したものだと言われています。
3:管楽器においてクラシックやポップスでは原則として譜面にスラーがない場合、全ての音をタンギングで区切ります。これは意外と一般の人に知られていない盲点なのでは?と私は感じています。私だけかなぁ〜
4:ダブルタンギングはAとCで Tu-ku Tu-ku もある。3連符は Tu-ku-Tu もしくは du-ku-du

目次はこちら→アイリッシュフルート考察
[PR]
by flymantacky5 | 2014-12-29 12:24 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ローカルヒーローズ(LOCAL HEROES) in宮原

2014.12.28昨日はお願いされて久々に大宮でフルートレッスン。アンブシュアの確認と修正、曲中での実際の音の切り方、タンギングの種類とその違い、のどで音を切る(スローティング)のこつなどを図を書いて説明し実際に一緒に吹いてみました。おまけはケーシーバーンズのモペイン(Mopane)製フルート(写真中)の試奏。明るい音で良く鳴る〜Good!
c0022268_9572783.jpg

午後は宮原でローカルヒーローズの練習
c0022268_9575222.jpg

申し込みの締め切りが近づいて来た「アートフルゆめまつり2015」の打ち合わせをしました。アートフルについて詳しくはこちら。 暗くなる前に練習は切り上げて夜の練習会「忘年会」をしました。私にとっては今年最初で最後の忘年会となりました。来年もよろしくお願いします。
[PR]
by flymantacky5 | 2014-12-29 09:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュフルート考察10:連続音の処理

連続音の処理についての質問です。
Morrison’sとstray Away ChildとHardiman~はこの前教わった通りに練習しています。
Kesh(Jig)の3小節目e-d-d、g-d-dや、Out on the Ocean(Jig)の出だしD-B-B、B-A-G、Blarney Pilgrim(Jig)のCパートの出だしA-D-D、B-D-D、A-D-D、A-B-C♮、
などはどのように処理をしたらよいのでしょう。好きにしたらゎって感じですかね・・。

ここらへんになると、フルート中級者の私では自信を持って答えられませんし、理論も持ち合せていません。とりあえず、私はどのように吹いているかをお答えします。正直文章で答えるより、実際に吹いて、それを見ながら聴くほうが簡単に理解できます。私の考えている微妙なニュアンスも実際に私の口から聞く方が良いと思います。通信教育の限界です。
c0022268_18375978.jpg

KeshはT印のところでのどで音を切っています。
c0022268_18381789.jpg

T印のところでのどで音を切った上で、赤/のところでカットしています。使う指は左人差し指です。
c0022268_18383076.jpg

Blarney Pilgrimは上の写真の楽譜で吹いているので、特に何もしていません。

オクターブ上げ下げについての質問です。
The Tar Road to Sligo(Jig)の7小節目F♯-G-A、A-a-g、f♯-d-c、dでAからaに上がるところは、タンギングしますか?

はい、のどで切ります。オクターブに音が飛ぶ時は何かきっかけがないとスムーズに音が移行しないので、のどで音を切ってタイミングを作ります。以前にも書いたかもしれませんがアイリッシュフルートでは一般的なタンギングはしません。ホイッスルはいろいろというか何でもありです。ここの部分を私がホイッスルで演奏する場合はタンギングしますが、歯と歯の間に舌をつけるtuタンギングではなく、舌を上あごにつけるduタンギングで行うときれいに演奏できます。

以上あくまで 参考程度に、、

目次アイリッシュフルート考察
[PR]
by flymantacky5 | 2014-12-20 18:32 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アイリッシュフルート考察9:アンブシュア2

知人より質問がありました。「請う通信教育」です
1曲スカッと上から下まで音が出て吹けても、一旦口を離してまた吹き出すとスカスカの音になったり(逆もあり)、
1曲吹く間にだんだん口のフォームがずれてきて音がちゃんと出なくなったりと、安定しません。
左右の指が安定していないせいもあるのでしょうねぇ。

 アンブシュアが安定してないからどうしようもない問題です。みんな通る道ですね。普通の悩みです。私も5年くらい前までは、アイリッシュフルートで人前で5曲続けて吹くのは無理でした。疲れるし アンブシュアが安定しないのでちゃんとした音がでなくなりました。そんな時はホイッスルで1,2曲やって休んでからまたフルート吹くんです。結果としてホイッスルよりフルートの方が難しいという事になります。でもそれは難度のことであって楽器の優劣とは全く関係ないです。楽器に上下はありません!キッパリ〜
「左右の指の安定」はほとんど関係ないと思います。もし、数曲吹くと腕が下がるようなら関係はありますが、、。ものの本(モダンフルート教本)には「楽器は水平に保つ」とあります。水平ならチェックしやすいので時々気にすれば同じ姿勢を保つ事ができるでしょう。しかし若干右が下がる、下げて吹く人も多いです。左肩をグッと上げて楽器を支えるようにして吹く人居ますが、動きの制約が多くなるし、無駄な筋力使うのでお勧めできません。
PS.縦笛より横笛の方が表現力に幅があります。これは悲しいけれど事実。特にリコーダーは狭く厳しく難しい〜大好きだけど

左右の指の件、例えばDEFGAと同じレジスター内の運指だとフルートの支持は安定していますが、BdBdBdのようなフレーズだと、上手に支持しないとフルートが揺れてしまいアンブシュアがずれやすい、という意味合いです。
レジスターという言葉は初耳です。同じオクターブの音と解釈して進めます。BdBdBdは確かに管体が揺れやすいですね。でも私が吹けば別に問題ないので修練の問題とは思いますが、この問題の答えは別のところにあります。dで1の穴をふさいだままにすれば良いのです。左手人差し指をふさいだまま運指を行えば管体はさほど揺れません。そんなこと、どの本にも書いてないし誰も教えてくれないからわかんないよね、、。
結局1年前の右手小指の考察1と2の内容に戻った感じですね。私もフルート始めて1年過ぎましたので、結構試行錯誤して自己流にいろんなことやってます。その辺の可否についても今度ご意見いただきたいです。
追記「レジスター」:よく教則本で見かける言葉で、辞書引いたら、音域 声域とありました。フルートの場合だと、同じ指使いでの高い音と低い音のことですね。upper registerとlower register。
ところで、ブレスについて質問です。どうすれば短くできるんでしょう。ゆうっくりと吹いているとちゃんとできても、ちょっと早く吹くと間に合いません。

下唇をマウスピースにつけたままパカッと口を開けて息を吸い込みます。当然アンブシュアは一度崩れます。それでも無理なら音を一つ省略して息継ぎの時間を確保します。
でも、、、私はフルート初心者がリールを普通のスピードで吹くのは無理があると思っています。息が持たないし、曲(メロディ)が崩れるでしょ。早いパッセージに憧れるのはわかりますが、音を一つ一つ丁寧にしっかり出す(表現)ことが最初は大切です。管楽器全般に言えることですが、一番良い基礎練習は音階とロングトーンです。つまずいたら、乗り越えられない壁を感じたら基本に戻るのが独学の王道?かな しかし〜この基礎練習ひとりでやるとめちゃくちゃつまんないんです。仕方ありませんが、、(フライキャスティングの練習もそうだった、、) 参考にホイッスル講座3:練習方法
c0022268_1917581.jpg

目次アイリッシュフルート考察
[PR]
by flymantacky5 | 2014-12-14 21:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

音楽の夕べ

川口市立新郷公民館にてコンサート。1時間40分くらい?人前でFAIRY DOCTOR演奏は101回目になります。随分やってるね
久しぶりに楽しんだ感じ、、、フルート吹きまくった、唄った、ホイッスル吹いた、リコーダー吹いた。マーチンダブルオー1年ぶりに人前で弾いてあげられた、弦は1年前のままだが不満は無い。エリクサーの弦は本当に凄い。他の弦メーカーは商売あがったりだろぅ
写真はリハーサル中
c0022268_19524486.jpg

機材運びがきつかったからか、肩痛い
[PR]
by flymantacky5 | 2014-12-06 19:52 | FAIRY DOCTOR | Trackback | Comments(1)