<   2016年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フルートの肖像

ルネサンスフルートからベーム式フルートまでの歴史的変遷を解説してくれます。その社会的音楽的背景まで考察して、それぞれの活躍していた音楽家の話も盛りだくさんです。フルート好きは必読の書
c0022268_05562340.jpg
アイリッシュフルートは19世紀に開発された多鍵式フルートの末裔である事がよくわかる。ベーム式フルートに駆逐された楽器の生き残る道が民族音楽に残されていたのか、安い中古楽器が出回って一般市民にも買えたからなのかも知れませんね。ピッチに付いても詳しく書いてありバロックピッチ=415Hz というわけではないことがよくわかります。フルート愛好者だけでなく古楽に興味がある人にもお勧めの本です。


[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-28 06:13 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Killarney whistle ニッケル

マイケルバーグの真鍮のホイッスルが、見た目に汚いので美しいホイッスルが欲しいと思い注文しました。まあ、毎回磨けばいいんだろうがめんどくさくて、、私には無理。
c0022268_16534295.jpg
綺麗です。しかし、細身でニッケルだからか音は堅く細いです。強く吹き込むと音がひっくり返ります。音程はしっかりしています。音量が小さいので家で回りに迷惑かけずに練習できます?あと、使う息量が少なくて鳴ります。肺活量不足を感じている女性にはピッタリかも、私は逆に息が余ってしまいます。これの真鍮製も吹いてみたいな、、
 実は受注生産のアルミのホイッスルを注文して5ヶ月たつのに出来上がらないのでしびれきらして1本買っちゃった、というのが本音です。


[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-27 17:07 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Recorder Ensemble PLACEBO 第4回定期演奏会

友人が出演する「プラセボ」クリスマスコンサートに行った。このグループを聞くのは2回目です。さいたま芸術劇場小ホール、昔大宮リコーダープレーヤーズで2回目の演奏会をやった懐かしい場所です。
c0022268_18520388.jpg
合唱とのコラボが良かった。アカペラで歌える合唱団だからこそリコーダーアンサンブルともピッタリ息が合っていた。声と音域が異なるソプラノとコントラベースリコーダーが目立ち過ぎていたが、、これは仕方ないね。テナーリコーダーは声に溶け込んで存在が分からなくなるほどでした。
c0022268_18521238.jpg
ヘンデルのトリオ・ソナタHWV386良かったです。ギターは優しく笛2本を支えていました。もうちょっと奔放的に楽しんでも良かったかも。個人的に気に入っている有名曲はコレだけだったのが寂しい。バッハやテレマンが無いのはグループの趣味なのかな?



[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-25 19:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

塩ビ管フルート6

ホイッスルG管のデータを元に内径16ミリの塩ビ管でフルート作りました(写真上)。元のホイッスル(写真下)は内径17.3mmなので無理があった。ピッチが低くなりました。
c0022268_08122112.jpg
内径18mmで作ればバッチリだと思う。使ったデータ
c0022268_11515368.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-24 08:14 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

居酒屋

以前母が「同級生がやってる居酒屋で、お料理がおいしいらしいんだって。今度一緒に行こうよ、」と2回くらい言われたお店。そのあと母は酒が飲めなくなり、亡くなって3回忌も終わった。この商店街をふと、昨晩ほろ酔い気分で歩いていたらお店の看板が目に入った。脇の路地を入ったところに小さな灯が私を誘っている。ここで入らなかったら一生縁のないお店になるな、、とか思いながら酔いに任せてのれんをくぐった。
c0022268_07420960.jpg
意外と店内は広く、明るかった。明るい居酒屋好きです。ただし、メニュー表はありません。知らない人は入れないね。母と同い年だから79歳!元気だ〜すごい
素敵なお通し、くあいが泣かせます。やる気を感じさせます。パワーをもらいました。
今日も仕事がんばろっと!


[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-23 07:41 | Trackback | Comments(0)

塩ビ管フルート5

サイトにアルトリコーダーを参考にデータを取ったフルート(F管)の設計図があったので作ってみました(写真一番下)。う〜ん、、使えません。次に耐熱塩ビ管は赤茶色で塗装しなくてもそのまま使えそうなので、今までで一番出来の良かったLow WhistleD管からデータを取ったものを作ってみました。穴あけのドリルの歯との摩擦熱にも強いからなのか比較的スムーズに穴が開きます。灰色の一般的な塩ビ管より重いからか音色も少しだけ良いです。お勧め!歌口より左が短すぎるかも、もっと長い方が、見た目はいいですね。
 1mのものを買って550mm使ったので、もう一本というわけにはいかず、ケーナを作ってみました(写真一番上)。いけます、かなりいいです。
c0022268_19410381.jpg
黒い耐衝撃性の強い塩ビ管もある。透明もある。次回が楽しみです。あと、チューニングできるようにすれば完璧なんだが、、一応継ぎ手は買ってあるが職場の旋盤が使えるかどうかが問題だ。





[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-18 19:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

塩ビ管フルート4

友人が公民館講座で作った塩ビD管フルートを採寸してデータを送ってくれました。ありがとう。講師がリコーダー師匠O氏なので、ルネサンスフルートあたりが元だろうなぁと思いつつ作ってみました。写真一番上
c0022268_22081564.jpg
想像通り、お上品な音色です。F#がちょっと低いかな??楽器としては写真下から2番目のLowDホイッスルからコピーしたフルートが音がはっきりとしていて音量も大きく、吹いてて一番楽しいです。




[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-15 22:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

塩ビ管フルート3

塩ビ管フルート第3弾、内径16mmの塩ビ管。ここのサイトの設計図で作ったシンプルフルート。D管と言うので期待していたが、ソプラノDでした。
c0022268_23231537.jpg
子供の工作にはぴったりだが、人にあげられません。吹きにくいし、穴をおさえにくい、演奏しにくい。キビシイです、ボツ!試しに作る価値は無いかも、、改良版を期待します。


[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-12 23:28 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

塩ビ管フルート2

前回作った塩ビ管フルート(写真上)は随分短いなあと思って、チューナーで測ったらG管でした。やっぱりね、でもD管の設計図は無いし困ったな。でもD管欲しい〜ということでローホイッスルの穴の大きさを参考に作ってみました。写真下
c0022268_19474047.jpg
歌口を作り、適当な長さ+αcmで切断。吹いてみてチューナーで測ります。少しずつカットして音の高さを合わせます。見本のホイッスルと同じ位置、同じ大きさで穴をあけて完成。う〜ん イマイチ でも90円!寸法は結構いいかげんです。歌口は11mmでドリル穴あけの方がきれいかな。最初の指穴までの長さはもうちょい長い方がいいかも、、作ってみたらご意見ください〜 今度ケーナも作ってみたいなぁ誰か設計図持ってない〜??
c0022268_21264695.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-10 19:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

塩ビ管フルート1

塩ビ管で作るフルートの設計図が手に入ったので作ってみました。準備はいろいろかかったけど作り始めて30分でできました。G管 内径20mm
c0022268_21493690.jpg
楽しいです〜。2オクターブ出ます、でも人前では使えないかな〜???
左端はワインのコルクを入れてあります。材料費90円


[PR]
by flymantacky5 | 2016-12-08 21:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)