夏釣行第3弾

単独キャンプ釣行である。(釣友たちと予定や都合がつかなかっただけ)福島県奥会津のベースキャンプに3連泊し釣りまくる、、はずでしたがボーズでした。
c0022268_04595315.jpg
3700円のヘキサゴンタープにポールを2本買い足して、、わくわくドキドキ。イワタニのガスバーナーも新調!お鍋類もしっかり用意してキャンプを楽しみました。調理に凝りすぎて体重が増えてしまった。長年愛用のコールマンのクーラーボックス大活躍。しかし、釣りの方は河が増水してポイントが少ない上に、お盆で人がたくさん入ったらしくスレまくりで毛針を咥えてくれませんでした。3日目は丸太みたいな岩魚がいると言う新潟県の本流へ行きました。やはり増水で対岸に渡るのは不可能です。足元を確認しながら左岸を釣り上がって行きます。魚の反応がある!うれしいです
c0022268_04595312.jpg
釣れたのはちびヤマメばかり、、、泣、
c0022268_04595389.jpg
最初の2泊は夜、羽アリが大発生しランタンに集まってくるので8時前には寝るしかありませんでした。3日目は午前中新潟県で釣った後キャンプ場に戻ったら私1人だったのでずっと笛の練習してました。夕方目の前の河をていねいに攻めました。8フィート6インチ2番ラインの本気竿です。25cmくらいの岩魚がかかりました。やったね、慎重に慎重に、足元の岩にひっかかりましたが抜かずに慎重に、背中のネット用意し、慎重に、、、バレました(泣)。虫類がたくさんいて、いたるところを刺されムヒとお友達の4日間でした。またアブに刺されたよ〜
 初日に頑張り過ぎたからか左腰痛発生、コルセットをしながら無理をせず様子を見ながらの釣りになりました。右太ももは虫に刺され異様に腫れ上がりました。4日目1日中雨の予報だったのでもう1泊する予定でフルート吹きまくっていたら一瞬雨がやみ、その後小降りになったのでテント類撤収し帰路につきました。わたしの夏休みは終わりました。
 腫れ上がった太ももは、以前虫さされがひどかった時に皮膚科でもらった強い薬(たぶんステロイド系)を塗っていたら腫れは収まって来ました。ジャージをはいていて、座面が硬いメッシュ地のキャンプ用の椅子に座っていたのですが、その椅子の下から刺されたようです。その後、私と入れ替わりで福島に入った釣友も虫に刺されて異様に腫れ上がり1泊で予定を切り上げ帰って来ましたが、ただいま皮膚科で点滴を受けていると連絡が入りました。たいへんだ〜まぁスズメバチよりはいいけどね。
反省点:
1、キャンプの準備をしっかりすると、私の場合はキャンプを楽しんでしまい釣りは二の次になる。
2、登山用ガスバーナーは火が1点に集中するので卵焼きを作るとすぐ焦げる。調理はお湯を沸かすのと煮る蒸かすだけに限定するのが無難。車ならカセットコンロの強火力タイプの方がいいかも。部屋でも使えるし
3、調理はさみがあると良かった。(2泊以上の場合)
4、車中泊は換気が必要。
よかった点:
1、サトウのご飯はふかすと早くできる。小さいコッヘルでも可能。ここを参考にしました。他にも方法はあるようです。


[PR]
by flymantacky5 | 2017-08-25 05:38 | フライ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tacky5.exblog.jp/tb/26990156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< コンサーティナケース チヌ落とし込み釣り用リール >>