アメリカンフラワー

小さい頃おばさんがよく家に来て私と妹と遊んでくれました。ある時針金を花びらの形にしてドロドロの赤い液体に浸して皮膜を作り花を作った記憶があります。そのかすかな記憶を元に再現してみました。インターネットのおかげでそのディップ液も購入。正式にはアメリカンフラワーと言うらしい。
1、まず細い針金で花びらの形を作る
c0022268_03253459.jpg
2、ディップ液(缶入り)に浸して引き上げると皮膜ができます
c0022268_03253426.jpg
なまめかしいビニールみたいな花びらです
3、最初から花の形を作ってから浸しても可能
c0022268_03253453.jpg
手前は試作品
4、おしべめしべの部分を作り、花びらを合わせてテープか針金で固定します。次に、茎の部分になる針金を足して緑色の紙テープを巻きつける
c0022268_03253448.jpg
葉はご自由にどうぞ!
c0022268_05065607.jpg
できた



[PR]
by flymantacky5 | 2018-03-19 03:37 | 美術 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tacky5.exblog.jp/tb/29378863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by junko@お針部屋 at 2018-03-24 01:38 x
マニキュアと針金でフラワーのアクセサリーが出来るという記事を見て、作ってみようと思ってたところです。ディップ液というのがあるのは初めて知りました。

https://matome.naver.jp/odai/2144020280055619301
Commented by flymantacky5 at 2018-03-24 09:48
100均マニキュアの方が安くていいかも〜ラッカー薄め液(シンナー)で粘度は調整できます。


<< さいたま水上公園 South Wind Live >>