カテゴリ:テンカラ( 13 )

今シーズン最後のヤマメ釣り2018

今日も現実逃避でヤマメを追っかける。
c0022268_06295934.jpg
福島の会津(山通り?)のそれも山奥、、里川。イワナくんの河でした
c0022268_06295973.jpg
定年退職のゴールがだんだん見えて来る歳になってしまいました。第2の人生スタートするにあたり私には超えなければいけない壁があります。壁というだけあって押しつぶされそうですが平和な老後のために、生きます。
c0022268_06295989.jpg
3本目の河で釣れた赤く婚姻色のヤマメ。もう数日で禁漁だよ、今年の釣りは終わりだよ、、と言われた気がした。少しサビも入ってる
c0022268_06295998.jpg
走行距離500km。無事帰宅

_

[PR]
by flymantacky5 | 2018-09-27 06:51 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

振替休日

4月に解禁で1度行ったきりの渓流釣り、足が若干痛いが今日を逃したら夏までチャンスがないと思い釣行強行。気温27℃水温17℃11時入渓
c0022268_17525250.jpg
かなりの渇水。週末の釣り人のプレッシャーでヤマメはいたく神経質です。24cmくらいが2匹水面に身をあらわに躍り出たが、毛針を咥えてはくれませんでした。思わず熱くなります!
c0022268_17525232.jpg
とりあえずヒレピン17.5cm。いつも入る蕎麦屋が定休日。山頂付近の古民家蕎麦屋もやってないので腹ペコのまま続行。午後3時にラストと思って河に入る。藪こぎでテンカララインを木に引っ掛けて竿先が折れてしまった。縁起が悪いし、久しぶりで結構疲れていたので納竿。帰りにいつもトラックが停まっている蕎麦屋に入り「ちたけそば」を食べた。独特のコクのあるツユ、美味しかった〜栃木のソウルフード〜らしい。納得



[PR]
by flymantacky5 | 2018-05-28 18:00 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

夏釣行1

夏がきた、渓流釣行第1弾
c0022268_20270436.jpg
曇って涼しく絶好のコンディション。水温17.5℃ 気温21℃
c0022268_20270361.jpg
でた!
c0022268_20270441.jpg
走行距離450km



[PR]
by flymantacky5 | 2017-07-27 20:29 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

ヤマメ釣り

久々の渓流釣り。局地的な大雨に注意とか言ってるけど、行ってみなけりゃわからないのがこの釣りです。AM3:45出発7:15入渓。雨降ってるけどさほどの増水ではない、気温20℃水温16℃17cmイワナ。少し下に入る21cmヤマメ。
c0022268_19255437.jpg
人の足跡はない。午後はもっと下がって入る。無理かな?と思ったらやっぱりハヤとチビヤマメでした。
c0022268_19255413.jpg
15時納竿、19:10帰宅。走行距離500km




[PR]
by flymantacky5 | 2017-07-03 19:29 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

竜巻の翌日

行きに、あまりにも疲れているのでSAちょっと仮眠。こんなの初めてです。帰りにはよくあるけど、、
 ひたすら増水の中を遡行する。反応しかかる、がバレる。私の渓流今シーズンはもう終わりだよ、と言わんばかり。5尾くらいバレ、あとはチビヤマメを引っ掛けてすっ飛ばしたりして、体も気持ちもくたくた 3時間やってやっとこさ1尾かかって手元まで来てくれました。
c0022268_21321262.jpg

その後も何回かずしん!とくる手応えの後にバレる。口が切れてるのか、くわえが浅いのか、、水温チェックしたら18.5℃でした。まだ水の中は真夏なんだね

おまけ:「風立ちぬを観て金返せって思った。今までのジブリのキャラクター集めただけで全然面白くない」と言った人がいました。それを聴いて「ジブリはとても有名だから興味が無くても見に行く人がいるんだ〜」と言った人がいました。なんか、私の感じてる事とはほど遠い意見に思わず無口になってしまいます。今までのジブリとは別格のいいアニメ(映画)だし、宮崎監督の代表作だと思うんだけどなぁ 言葉は不適切かもしれないけど「創作の心」が無い人には全く響かないのかな? う〜んわからん
[PR]
by flymantacky5 | 2013-09-05 21:34 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

釣行写真

自分の釣っている姿は自分にはわからない。まして写真なんて貴重だ。同行した友から送られてきました。
c0022268_19212249.jpg

身をかがめ、岩魚に悟られないようにテンカラ竿を振る私。この直後この日最初の1尾が釣れました。毛針に反応し動いただけの岩魚に、毛針にアクションを加えツンツンッ、、、ガバッと出ました。フライ竿だとこうはいきません。
[PR]
by flymantacky5 | 2013-08-28 19:25 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

渓相の変化

 疲れた体を引きずるように渓流へヤマメの顔を見に行った。家にいれば体は休まるが精神的休養は出来ない。渓流に行けば体のリフレッシュは出来なくても気持のリフレッシュは出来そうだと思った。
 予想最高気温28℃ということで期待していたのだが、しっかり晴れて暑い!とりあえずフライの3番竿を持って入渓したが反応がない。流れに葉が混じってきたので上流で工事かなぁ、濁るかな?と思ったが濁らない。とにかくこのままでは釣れないと思い上流へ移動。テンカラ竿3.6mで入渓しようと思ったら濁ってきた。もっと上流へ移動し路肩修復工事場所を確認、さらに上流へ、川に入るが足跡がはっきりと、、でもここから上はどこに行ってもすでに人が入っているだろうと判断し釣りを続ける。ヤマメがけだるそうに反転し毛鉤12番のホッパーをくわえました。
c0022268_14364550.jpg

写真を数枚撮っていたらヤマメがぐったりしてきたので、流れの緩いポイントで手をそえてソッとリリース。気温28℃水温18℃ この川は水温20℃になるとヤマメの活性は極端に落ちて釣りにならない。しばらく進むとビックリ、、風景が変わってる。写真左の岩がゴロゴロしているところは樹木がこんもり茂っていて流れの中を歩いて上がって行くしかなかったのに、今日は河原を歩けます。注意深く観察すると淵が埋まっていたり林の一部が無くなっている所がけっこうありました。
c0022268_14443810.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2012-07-26 14:37 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

ピーカンの釣り

フライでヤマメを狙ってみてもまったくだめでした。たまに反応するのもチビチビヤマメで可哀想で、、というか小さ過ぎて合わせる気になりません。「ヤマメはもういないのか?」と疑いたくなるほどです。ポイント移動して、道から木立の隙間に見える淵を観察すると尺ヤマメが悠然と水面近くで体をくねらせています。私が動いた瞬間に底の方に潜って行きました。20mも離れているのに警戒心強過ぎ!!!テンカラ竿に持ち替えてホッパー(バッタを模した毛鉤12番)で2尾釣れました。この時期から夏が終わるまでピーカンは厳しいです
c0022268_15171138.jpg

ピーカンじゃ、、と思っていたら雷が鳴り始めたので納竿。
[PR]
by flymantacky5 | 2012-05-28 15:17 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

秋の気配

9月になっても秋の気配がない。昨日も蝉が鳴いていた。9/20で栃木県は渓流禁漁になるので今一度ヤマメの顔を見に行った。相変わらずの増水で危険な状態なので入渓ポイントは限られてしまう。狙うポイントも水流の緩いところだけピンポイントで狙う。1尾テンカラで釣った後8feet4番竿でフライフィッシングにチェンジするが、とても釣れる気がしないのでテンカラに戻す。ホッパーも投げたが、やはり釣れる気がしないのでエルクヘアカディスに戻す。2尾目、これも産卵準備に入ったようで少し赤みがかった魚体で腹が少しだけ膨らんでいる。包卵しているのだ。さすがに包卵しているヤマメをしつこく写真撮影につきあわせるのは可哀想だ。いつもより丁寧に優しくリリースする。ちびヤマメがしきりに毛鉤にアタックしてくる。合わせないように気をつけながら、クモの巣と格闘しながらの釣り上がり。昼にはピーカンでまるで真夏のような天気になってしまったので帰ることにした。天気予報では弱い雨だったのに、、。入渓点を探して右往左往している車が数台いた。
c0022268_14593767.jpg

帰宅すると2階の私の部屋は乾燥機がかかっていることもあり36度。まだまだ熱中症に注意ですね。
[PR]
by flymantacky5 | 2011-09-11 14:59 | テンカラ | Trackback | Comments(0)

斑尾その3

ホテルから少し降りたところに村がある。そこからもう一つ山を越えてスーパーに買い出しに行く途中、良さげな沢発見。濁っていた。2日目の朝もう一度観るが昨日と同じく濁っている。とりあえず白のパラシュートを投げる。1時間くらいやったが生体反応ゼロ。鳥の糞もない。この濁りは温泉の濁りで魚は住んでいないのか?車で下がって本流を観たらこちらも濁り。増水しているのだが水量は少ない。川上に発電所が見える。ホテルに戻り地図を見たら、発電所がいくつもあった。取水しまくられ哀しいほどの水量なのだ。
 次の日もAM4:30起床、同じ河を道から覗く。やはり昨日、一昨日と同じ濁りに同じ水量。あまりやる気が起こらないが、大きな石に鳥の白い糞を発見。何かしら生物はいるようだ。とりあえず、せっかくだから、道からテンカラで毛鉤を沈める。数投するといきなり「ゴンッ!」と岩魚が釣れました。
c0022268_11335940.jpg

 土着(どちゃく)の岩魚という雰囲気が漂う。数匹釣ったが全て黒ずんでいて「美しい」とは言えない。強烈なぬめり。常時濁った水に住み、水面に興味は無いのだろう。そして釣り人にはアブの大群が!腕を振り、帽子で振り払うほどアブは集まってくる。ほうほうの体で車に戻り、さっと入る。それでもアブは何匹も車中に入る。クーラーを思いっきりかけて動きの鈍ったアブを次々につぶしていく。
 今、露出していた足首にアブの刺し跡が5カ所ある。ものすごく痒いです。
[PR]
by flymantacky5 | 2010-08-07 11:34 | テンカラ | Trackback | Comments(0)