カテゴリ:笛の会( 20 )

第21回笛の会@北越谷おーるどタイム

2018/07/15
チューニング:気温が上がると笛は音(ピッチ)が高くなる
バーンダンス、ホーンパイプのリズムは譜面通りではなく、跳ねる。
練習した曲は
Lucy_Furr's(G) 〜 (D) 〜 The_Hills_of_Tara
Blind_Mary
テキスト1、P14埴生の宿
Josefins Waltz
Hard_Times(G)
c0022268_15183693.jpg
テキストP17ダニー・ボーイ
P18プランクシティ・アーウィン
Appelbo ganglat 〜 Gardebylaten
The Musical Priest Set
If ever you are mine

次回は2018/08/11(土)10:30〜12:00
課題曲は
Star_of_County_dowm
Gardebylaten
Lucy Farr's 〜 The Hills of Tara
c0022268_15183682.jpg
終了後、会員さんがお店に納めてるスイーツをハーブティーと一緒にいただく。最高です〜ブラックベリーもミントも自家製だそうです。羨ましい!レモンジンジャーティー好きです。
 帰りにお寺に寄って施餓鬼の塔婆を申し込む。いつもやっているわけではないが、、なんか父と母が欲しそうにしてる気がしたので2本申し込みました。そしたらお墓の管理料が2年分未納になっていることが発覚!来年の分も含めて今度納めに来なければ、、、「今手持ちのお金がありません」っていうのがちょいと恥ずかしかった。




[PR]
by flymantacky5 | 2018-07-15 15:19 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第20回笛の会@北越谷おーるどタイム

2018/6/2今日はアートフルの本番ステージが終わってほっと一息という雰囲気と見学者が2名参加ということで、スローな曲と数少ない音階で演奏できる曲を中心に練習しました。
ポイント
・低い音は少ない息量で優しく、特に最低音Dは気をつける。高い音は強めに吹いて音程は丁度いい。
・ド(ナチュラル)は高くなりやすいので弱く吹く
演奏した曲
Blind Mary, Josefins Waltz,
The Rights Of Man~The Pride Of Petravore
The Musical Priest Set
テキスト1P6かえるの合唱、P9竹田の子守唄(スライドの練習)、P17,18
Appelbo ganglat , Bruach Na Carriage Baine
聖夜
c0022268_14431564.jpg
終わってから5/13大宮アートフルゆめまつり2018の映像を観ました。
c0022268_14431573.jpg
観ながらランチ。私はタコライス500円
c0022268_14431456.jpg
次回は 7/15(日)10:30〜12:00 の予定です。
課題曲は:Blind Mary, Josefins Waltz テキスト1P14埴生の宿。Lucy Farr's(G&D)




[PR]
by flymantacky5 | 2018-06-02 14:48 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第19回笛の会@北越谷おーるどタイム

今回の笛の会は2018/5/13大宮アートフルゆめまつりの練習がメインなので、他の楽器の人にも声をかけました。いつものメンバー以外に笛のY夫妻、ブズーキ、マンドリン、ダルシマに参加いただき、にぎやかな会になりました。合同練習会の時にFm氏が録音してくれたデータと一緒に練習できました。
c0022268_15064347.jpg
演奏した曲は
1.さいたまケーリーバンドセット2018(7セット)
2.Josefins Waltz
3.Blind Mary

次回はいつも通り第1土曜日、6/2(土)10:30〜12:00です。
課題曲は
Josefins Waltz 、Blind Mary とします。


[PR]
by flymantacky5 | 2018-05-06 15:12 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第18回笛の会@北越谷おーるどタイム

2018-5-13(日)大宮アートフルのための練習がメイン
c0022268_16172629.jpg
昨夜の芸術劇場の練習(北浦和アイルランド音楽部)をFm氏がアップしてくれたのでそれに合わせて練習しました。みんな「こんなに早いんですか〜ため息〜」と言ってましたが、、大丈夫、大丈夫



[PR]
by flymantacky5 | 2018-04-07 16:19 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第17回笛の会@北越谷おーるどタイム

昨日は見学が1人いらっしゃいました。フィドルを店のマスーターから伝授中だそうです。
c0022268_08243431.jpg
1、 Happy Birthday to You ?
2、Da Slockit Light(Shetland Air)

3、Appelbo ganglat 2つのパートに分かれて合奏。パート入れ替えて合奏
4、Gardebylaten 4つのパートに分かれて合奏。パート入れ替えて合奏
5、2018/5/13アートフルさいたまケーリーバンドセット
休憩
6、Inisher
7、桜の樹の下で
8、テキスト1P17ダニー・ボーイ
9、テキスト1P18プランクシティ・アーウィン
10、名もなき旋律
ワンポイントレッスン
・高音のシは音がひっくり返らないように強く吹いてしまうが、、ほどほどに。音の出だしと終わりに何かきっかけを作ってあげると綺麗に音が出る。タンギングで音を切るのも一つの方法。
・頑張って吹く気持ちはわかるが、緊張は聞き手にも伝わる。歌うように楽しんで吹きましょう。
・失敗しても「しまった!」みたいな顔はしない。あくまでも楽しむ気持ちを大切に。特に本番(ステージ)では聞きに来てくれた方をがっかりさせる行動はいけません。「お互いにハッピーになる」が目標
次回は4/7(土)10:30〜12:00予定

終了後「ありんこ」ライヴのため坂戸市へ移動。時間がたっぷりあるのでこども動物自然公園に寄る。
c0022268_08243452.jpg
ペンギンヒルズが楽しいです。それに比べ鶴たちの扱いがかわいそうだった。カフェで休憩
c0022268_08244958.jpg
「創作イタリアンNatural・木」18時開場、すぐに入って18:30開演に備え食べ放題料理をかき込む。
c0022268_08244969.jpg
最初はこのまえ東岩槻で聞いた「貴ちゃんち」春日部に住んでる結婚4年目の夫婦だそうです。MC最高〜「生活の柄」(高田渡)を三線持った彼女が歌うと、綺麗な歌に聞こえて不思議な感覚。アンコールのAKIRA(杉山明)「パズル」のカバーが秀逸!歌詞に引き込まれ涙が、、30分やって10分休憩の後本命の「ありんこ」いきなり客が増える
c0022268_08244953.jpg
生で素敵な歌を聴ける幸せ。「しゃらら」よかった




[PR]
by flymantacky5 | 2018-03-04 08:42 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第16回笛の会@北越谷おーるどタイム

今日はフルメンバー+見学1人でにぎやかでした。
c0022268_22143936.jpg
1、Da Slockit Light(Shetland Air)カットとスライド、ビブラート箇所の確認とその練習、応用について
2、Gardebylaten 4つのパートに分かれて合奏。パート入れ替えて合奏
3、Appelbo ganglat 2つのパートに分かれて合奏。パート入れ替えて合奏
4、2018/5/13アートフルさいたまケーリーバンドセット
5、テキスト1P17ダニー・ボーイ
6、テキスト1P18プランクシティ・アーウィン

次回は3/3(土)10:30〜12:00
2018/5/13アートフルさいたまケーリーバンドセット




[PR]
by flymantacky5 | 2018-02-03 22:29 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第15回笛の会@北越谷おーるどタイム

2018/01/06(土)10:30〜12:20
1,Bruach Na Baine 繰り返し場所と音のつなぎ方の確認。ソロと合奏時の吹き方の違いについて。
2,Shetland Air みんな一緒にやるカットとスライド、ビブラートの場所確認。できるようになったらその後の装飾のつけ方の例示。
3,イエデルビローテン 2ndパート練習。4重奏の実践。
4,The Rights Of Man 〜 The Pride Of Petravore
5,The Musical Priest Set 3連符の省略の仕方。テンポアップして実際のスピードでの演奏。
6,Polka Set
7,桜の樹の下で
8,特別レッスン:フルートの吹き方。音階ソラシ。アンブシュアのアドバイス
c0022268_21135906.jpg
今日は何故かフルートが5本もあったので特別横笛レッスンしました。あとローホイッスルの試奏&ストレートフィンガリングの指導もサービス。
c0022268_21135988.jpg
終わったあとも時間があったのでみんなでお店のナポリタンを注文しておしゃべりしながら食べてからも合奏して遊んでました〜
c0022268_21135918.jpg
今日は仕事や都合で欠席者が多く、人数が少なくて寂しくなるかと思いきや濃い内容でギター伴奏の飛び入りもあって楽しく過ごしました。
次回は2/3(土)
The Battering Ram Set
The Dingle RegattaO'Keeffe's Slide
やります。
Rights of Man動画例↓






[PR]
by flymantacky5 | 2018-01-06 21:20 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

笛部を作ろう!!

ケルトの笛やさんが企画した「笛部を作ろう!!」に応募して採用されました。
c0022268_23112092.jpg
会の立ち上げから指導・助言まで関わっていますが、ゆくゆくは自主運営できるようになるといいなあ。会費の500円は会の活動費及びお店の場所代になります。今後もよろしくお願いします。




[PR]
by flymantacky5 | 2017-12-19 23:16 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第14回笛の会@北越谷おーるどタイム

2017/12/2(土)10:30〜12:00第14回笛の会(埼玉県北越谷カフェおーるどタイム)
1、「笛部を作ろう」への応募について。了承
2、来週12/8(金)のアイリッシュセッションへの参加のお願い
3、曲:シェトランドエアー、Appelbo ganglat 、Gardebylaten 、Bruach Na Baine 、The Right of Man 〜 The Pride of Petravore
4、G#の運指について
5、テキスト2 P3庭の千草、春の日の花と輝く、P4ファニー・パワー、フォギー・デュー P9The Song of the Water Kelpie テキスト1P11サリー・ガーデン
c0022268_00130036.jpg
次回は2018/1/6(土)やる曲は
シェトランドエアー
Gardebylaten
Bruach Na Baine
The Right of Man 〜 The Pride of Petravore
The Musical Priest Set

昼食を食べて、しらこばと水上公園へ移動。
c0022268_00131636.jpg
3時間28尾。陽が陰って来ると寒い〜
夜は大宮洋風酒処スコア(大宮駅西口徒歩10分)飲みながらライブを聴く。プロデュースbyFujimoto
c0022268_00131600.jpg
二胡が聴きたかったんです。キリンジの「エイリアンズ」良かった。原曲より二胡のほうが魅力的!
c0022268_00271028.jpg
セッションタイム!わ〜いクラプトンだ
c0022268_00131684.jpg
11時過ぎに帰宅
ちょっとハード過ぎた1日でした。



[PR]
by flymantacky5 | 2017-12-03 00:16 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)

第13回笛の会@北越谷おーるどタイム

珈琲を飲みながら笛教室。独りで吹くよりみんなで吹いた方が楽しいです。
c0022268_16462919.jpg
1、チューニング。G#の運指について。Cナチュラルの運指について。Cは高くなるので弱く吹くこと
2、Susato(スザート)とDixon(ディクソン)のD管紹介
3、曲:Appelbo ganglat ,〜Gardebylaten , Bygone Days , The Musical Priest Set ,
   Inisher , 桜の樹の下で , Flatwater Fran , Bruach Na Baine ,
4、テキスト1の曲:
  P9アメイジング・グライス、竹田の子守唄、蛍の光、
  P11サリーガーデン
5、テキスト2の曲:
  P3庭の千草、春の日の花と輝く、ミンストレル・ボーイ、
  P4ファニー・パワー、フォギー・デュー、
  P6アニー・ロリー、ウォーター・イズ・ワイド、
  P7とりねこの木立
次回は2017-12-2(土)10:30〜12:00
次回やる曲
Da Slockit Light(Shetland Air)
Appelbo ganglat , Gardebylaten
Bruach Na Baine
The Musical Priest Set
追記:The Right of Man 〜 The Pride of Petravore

帰りに浄山寺に寄って墓参り。そしてそば屋「宗真」
c0022268_16462964.jpg
たぬきそば、、あったまる〜



[PR]
by flymantacky5 | 2017-11-04 17:05 | 笛の会 | Trackback | Comments(0)