カテゴリ:美術( 197 )

鳥のやじろべえ

トンボのやじろべえは不器用な子には鋏の使い方が難しいので、も少し単純な形の鳥でやってみました。
c0022268_20032461.jpg
いいかも。4種類の型紙を用意し選ばせました。
展示を終えた今日、究極の改良版できた気がする
c0022268_20032402.jpg
型紙を公開します!太っ腹〜
c0022268_20032492.jpg
ケント紙や厚紙で作ってみてください。癒されますよ、、、 ゆら ゆらり
下記サイトを参考にしました。




_


[PR]
by flymantacky5 | 2018-11-16 20:06 | 美術 | Trackback | Comments(0)

トンボのやじろべえ

居酒屋で飲んでいたら目の前に竹製のトンボのやじろべえがあった。そういえばネットに工作用紙で作ったのがあったなぁ、、と思い出し作ってみました。
c0022268_06472866.jpg
なかなかよろしいです。綺麗だし、和みます
厚紙に型を写し彩色してからハサミで切るだけです。
c0022268_06472844.jpg
型紙はこちらから手に入ります

口の先端部分を5〜10mm折る。紙を貼ったり、クリップでバランスをとります。羽根の部分を少し下に下げると安定します。

_

[PR]
by flymantacky5 | 2018-11-03 06:51 | 美術 | Trackback | Comments(0)

簡単くるくるモビール2

3年ぶりにくるくるモビールに挑戦
c0022268_04165908.jpg
c0022268_04165918.jpg
c0022268_04165959.jpg
装飾は油性マジック、セロファン、テープ、シールなど

4.釣り糸でぶら下げて完成!
c0022268_04165923.jpg
換気扇やエアコンの風でくるくる回ります〜
c0022268_05501390.jpg
もっと斬新なデザインないかな??
型紙はこちら↓

おまけ


_


[PR]
by flymantacky5 | 2018-10-15 05:52 | 美術 | Trackback | Comments(0)

葉っぱのフロッタージュ2

久しぶりにフロッタージュを行った。色鉛筆で繊細に、1枚の葉でも色を重ねたりしてやるのも良いけど子供たちには硬めのクレヨンかクーピーペンシルの方が扱いやすいようです。
c0022268_06003940.jpg
秋ですねぇ
トレーシングペーパーは薄手の方が扱いやすいです。力入れ過ぎると穴あいちゃうけど、、。ポイント:葉は裏返して置いて擦り出すと葉脈がくっきり浮かび上がります。

_


[PR]
by flymantacky5 | 2018-10-11 06:03 | 美術 | Trackback | Comments(0)

習字

舞台袖の演目題字を頼まれた。作るだけじゃ面白くないので、お習字の練習もしました。昔1年半くらい習っていたので筆と墨は好きなんです。
c0022268_09104236.jpg
昔習ったのは、こうやって子供たちに教えるために教わってたのかなぁ〜って思う今日この頃です。学習だけでなく いろんな楽しい事、人生を豊かにしてくれる様々な事をこの子たちに伝えていきたい

文化は継承される、、...


_



[PR]
by flymantacky5 | 2018-10-08 09:12 | 美術 | Trackback | Comments(0)

窯出し

ドキドキする瞬間! 窯出し
c0022268_06043896.jpg
青磁釉が薄青緑でいい感じ、、美しい


_

[PR]
by flymantacky5 | 2018-09-11 06:05 | 美術 | Trackback | Comments(0)

窯入れ

 26年ぶりの窯入れです。素焼きは別部署が焼くときについでに焼いてくれました。本焼きの窯入れです。垂れた釉薬を丁寧に剥がして高台や底をチェックし、丁寧に詰めて置いていきます。頼まれた多量のブローチも焼くので結構時間がかかりました、、2時間半。きっちり蓋をしてスイッチオン!これだけで2日後に焼き上がりです、、。電気釜って優秀です。
c0022268_02572689.jpg
 昔私が扱っていたプロパン窯は30分に1回チェックで12〜14時間つきっきりでした〜泣〜

おまけ:ハーディーガーディーを初めて知ったのはBlowzabellaでした。ソプラノサックスが強烈〜。このバンド聞いていると、私は音楽に酔う。




_

[PR]
by flymantacky5 | 2018-09-09 02:55 | 美術 | Trackback | Comments(0)

高台削り(こうだいけずり)

ここのところ毎日ろくろ(電動)を回している。
c0022268_14263191.jpg
なかなか昔の感覚が戻らない。粘土は同じ信楽の並漉(しがらきのなみこし)なのに、、
c0022268_14263123.jpg
特に高台の削りが、、難しい。美しい高台とはどうあるべきか?思わず問いかけてしまいます。
c0022268_14263196.jpg
その問いはそのまま「美しい焼き物とはどうあるべきか?」という問いになります。たかがぐい飲みですが、されどぐい飲み
c0022268_14263184.jpg
ついでに小鉢とお茶碗も、、絵付けもお遊びで(新しく買った呉須の発色を確認するという名目)。


おまけ↓:最近マイブーム「ハーディーガーディー」


_

[PR]
by flymantacky5 | 2018-08-23 02:52 | 美術 | Trackback | Comments(0)

ボイド管太鼓1

100均たいこが楽しかったので、次はボイド管で作っています。
c0022268_04351592.jpg
そういえば、去年1つ作っていた(写真左)。板をはめ込んだだけで、カンカン音がします。トラックシートを貼る予定でボイド管(径200mm)にプラスチックの植木鉢の底をカットしてホットグルーで接着し、下方に16ヶ所7mmの穴をあけました。写真真ん中は白いペンキを塗ってあります。胴はどんな柄がいいかな?



_


[PR]
by flymantacky5 | 2018-07-28 04:40 | 美術 | Trackback | Comments(0)

ちぎり絵「あじさい」

あじさいをちぎり絵でやってみました。
c0022268_06311545.jpg
額紫陽花が意外に綺麗です。真ん中の雄しべ雌しべの部分は穴開けパンチと手で小さくちぎった色画用紙を使用。
c0022268_06311412.jpg
準備と手順のポイントは茎と葉の部分を描いたものを色画用紙に直接コピーすると迷いなくできます。茎はハサミで切った方が美しいと思います。逆に葉と花は手でちぎった方が手作り感が出ますね。
c0022268_06311409.jpg
ちぎった茎と葉を選んで台紙(紺か黒)に糊付けします。花部分は楕円の色画用紙(水色、紫、ピンクなど)を仮止めすると仕上がりをイメージしやすいです。ここまでで1時間。この後花の部分の画用紙を剥がして花を作って完成です。
c0022268_05423814.jpg



[PR]
by flymantacky5 | 2018-07-01 06:39 | 美術 | Trackback | Comments(0)