カテゴリ:釣日記( 172 )

村国園2018-07-29

今日は台風が通り過ぎたけど雨が時折吹く1日。やぎたこライブある、貴ちゃんちライブある、でも釣りの禁断症状が激しく、竿を握りたい一心でヘラブナ釣りへ、、
 103番席、メーター両だんご9尺でスタート8:15。ダメです、1時間に1枚のペースです。ハリス24cmm30cmで1枚釣りましたが続かない。10cm16cmで1枚。右隣の方がトロロでいい調子なので真似して10cm18cmトロロで1枚。計3枚11時に午前の部終了。曇ってるけど時折強風と強い雨が水面を叩く。午後の部は11:40スタート、カラッと晴れる。うどんセット10cm35cmで始める。
c0022268_16313156.jpg
ポツリ、ポツリと釣れる。10cm40cmに落ち着いてじっくり攻める。右隣が片付けに入ったらパタパタっと連れた。10枚14時納竿


_

[PR]
by flymantacky5 | 2018-07-29 16:42 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

ヘラブナ釣り入門えさ編

ヘラブナ釣り入門のアクセス数が結構あるので、続編という位置づけで「えさ」について書きたいと思います。
入門書を読んで本の通りにエサを作って釣ってみて、どう思いましたか?まだ釣りをしてない人でも、釣り方や季節によってこんなにエサを揃えるなんて無理!とか、これはエサを作っている会社の陰謀ではないか。ボソとかヤワネバとか言われてもわかるわけないだろ!と、お怒りの貴兄に初級者の私の説明がどれだけ説得力を持つのかわかりませんが、とりあえずこれからヘラブナ釣りを始めようとしている人に、または始めたばかりでよくわかんない人に、よくわかんないからこの釣りを止めようかと思い始めている人のために書いてみます。

種類:エサには色んな種類があります。グルテン、トロロ、麩(ふ)、マッシュ、ペレット、うどん、、でも初心者にお勧めで浅ダナ、宙、底釣りをカバーできる「ダンゴ」と「うどん」があれば、とりあえず、ヘラブナ釣りを1年中楽しめます。
うどん:うどんえさは完成品が瓶詰めで売っているので「力玉:大」(ちからだま:だい、写真4)が楽で、扱いやすい大きいタイプ「大」が良いです。数ヶ月保存がきくように「わらび職人」(黄色い液体)を入れておくと玉がくっつかず具合が良いです。粉末のうどんエサは安いですが釣り場で作る時間がもったいないですし「おかゆポンプ」という器具が必要になるので、初心者やたまにしか釣りをしない人にはお勧めしません。使い捨てです。家で鍋で作るのはもっと大変です。アルミの雪平鍋と木べらを買って作りましたが、私は二度とやりたくありません。これで10枚確実に釣れるとかわかっていれば頑張るけど、、
ダンゴえさは単品でも釣りはできます。GTSを袋の裏に書いてある通りに作って釣りはできます。でも、えさの調整は限られてしまいます。指でのかき混ぜ方や水の量、こねる回数くらいです。ですから
c0022268_17072413.jpg
写真1、ダンゴえさのベースとなるもの。パウダーベイトへら、GTS、ガッテンなど
写真2、バラケえさ。バラケマッハなど
写真3、重いえさ。底釣り用のダンゴエサ、ペレットなど

この1〜3をブレンドしてえさを作ります。1(ダンゴベース)だけで作って、ばらけさせたかったら2(バラケ)を加えることもできますが、えさの性質が変わってしまうので最初から混ぜておけば心配せずに配合を変えられます。軽いえさで
やりたい時は、1と2だけで作り必要なら3を加えても良いです。

実際にやってみましょう。
「パウダーベイトへら1」というのは「餌カップで1杯」という意味です。

浅ダナ用両団子:パウダーベイトへら3+バラケマッハ1+水1+底夏ひとつまみ(小さじ1杯)
素早く5本の指を広げてかき混ぜてふわふわに出来上がったら手の甲で餌ボウルの側面下方に10回ほど押し付けるように押し付けて潰し粘りを出します。餌付の大きさは 大きなブルーベリー〜1円玉くらいです。餌持ちが悪ければ粘りを強くするか、大きくするか、硬くするか、です。餌を少々加えて混ぜれば硬くなります。餌を重たくして早くタナまで持って行きたい時は底夏を加えて調整します。粘りなのか?大きさか?硬さか?重さか?正解は池によって季節によって魚によって釣り方によって違います。正解を探るのがヘラ釣りの楽しみです。

浅ダナうどんセット用ばらけ:パウダーベイトへら2+バラケマッハ2+水1+底夏ひとつまみ(小さじ1杯)。食わせ餌は力玉大。私は冬の段底釣りもこれと同じ餌でやります。

底釣り用両ダンゴ:パウダーベイトへら100cc+底夏100cc+水70cc。柔ねばが釣れる時、硬くしてじっと待つのが良い時、小さい針で小さく餌付が良い時など、、いろいろです。私もよく分からない。でも時間をかけて頑張れば釣れます。底釣り用か段底用浮子の使用をお勧めします。

これ以上は、いろんな本や情報があふれているのでそちらに委ねます。




[PR]
by flymantacky5 | 2018-07-04 06:26 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

村国園(振替休日)

久しぶりのへらぶな釣り。渓流釣りに行こうと思ったけど、さいたま最高気温33度で栃木も33度、これじゃ行く意味がないなぁと思いヘラにしました。
c0022268_05424992.jpg
初めて会う管理人に「遠くからお越しですか?」と声をかけられた。初めての客と思われたらしい、、、。食いが悪く常連がぼやいていた、この池ではいつものことだ。
99番席・9:00〜14:30・8枚、惜しいすれ6枚くらい
8尺、小浮き、道糸1号
メーター両だんご→うどんセット→両だんご
両だんご餌:パウダーベイトヘラ3+バラけマッハ1+水1+底夏少々
うどんセット餌:パウダーベイトヘラ1+バラけマッハ3+水1+底夏少々、食わせは力玉大


[PR]
by flymantacky5 | 2018-07-03 05:53 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

村国園2017-07-16

ヘラブナの釣堀、ここに来るのは1年半ぶり。100番席、この暑さならメーターの両ダンゴでしょ、、とか思いながらめんどくさいので8尺のうどんセットの仕掛け(6号10cm、3号30cm)で始める7:40。小浮子に替えればいいのに無精して段底用の大浮子で楽な釣りを展開しようとして、、最初の1枚に30分もかかってしまった。
c0022268_17413970.jpg
釣りに無精は禁物、何度やっても懲りない私、反省。結局2枚目が釣れず、1時間半で違う釣りに変更せざるを得なくなった。両脇が小浮子でメーターの両団子とうどんセット、いいペースで釣っているので真似たくなるが、うまくいかなかった時にこれをやって成功したことはない過去を思い出した。へらぶな釣りの感覚を忘れている今の私の一番手堅い方法は、「底釣り」と確信し実践。えさに底夏を追加し重くする。8尺の仕掛けはそのままにハリスだけ3号30cm、4号24cmに変更し底取り。ペースは遅いが確実に大きいヘラがかかる。
c0022268_17413819.jpg
11:30に自分で作ったお握りと浅漬け野菜とウインナー、トマトを食べる。事務所で涼んでゆっくり食べた方が腰にも体にも良いとは思いつつ釣欲優先でとっとと釣り再開。底釣りの良いところは長くやればやるほど釣果が伸びるところだ。底釣りに変更した隣のうまい人達の会話「粘るエサがいいみたい、、」で粘力追加しよくこねる。少し硬いかな?と思うくらいで丁度よかった。12枚13:15納竿。気温35度、木陰のあるここ村国園でも辛い暑さ。家に帰ったら部屋の温度は37度でした。






[PR]
by flymantacky5 | 2017-07-16 17:59 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

椎の木湖

久しぶりのへらぶな釣り、羽生の椎の木湖。214番席虎徹9尺うどんセットタナ1.5m
道糸1号、上鈎6号ハリス0.5号10cm下鈎3号ハリス0.4号30cm浮子オールマイティー11番。バラケパウダーベイトヘラ2+バラケマッハ2+水1+粒戦&底夏少々
c0022268_22145334.jpg
10〜15時5〜7枚。目標3〜5枚だったので真面目にカウントしてません。とにかくここのヘラはでかくて重い。もう少し小さくていいんだけどね。
混み混みでした。団体予約がたくさん入り駐車場がほぼ満杯、食堂ご飯品切れでひやぶっかけ牛肉うどん昼食。暑い31度超えたようだ、巡回移動販売アイスクリーム人気
c0022268_22163365.jpg
戦い済んで15時過ぎれば団体がはけてガラガラ




[PR]
by flymantacky5 | 2017-05-21 22:17 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

村国園2016-1-1

85番13尺11:50-14:30段底4枚。今年の元旦は客が少ないね@ヘラブナ釣堀
c0022268_16312914.jpg

[PR]
by flymantacky5 | 2016-01-01 16:32 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

村国園2015-12-31

102番11時30分1投目9尺段底15分後にスレ30分後に1尾目
ハリス:10cm0.5号、30cm0.4号
針:6号、3号
ばらけ:マッハ3+プログラム1+粒戦ちょっと+水1 後から底夏パラッと追加
くわせ:力玉大(わらび職人に浸けたもの)
c0022268_15375078.jpg

6枚14時納竿

[PR]
by flymantacky5 | 2015-12-31 15:38 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

村国園

昨日の記録。7番席1投目12:15納竿14:45。12枚
8尺メーターうどんセット ハリス7:55cm→7:30cm1枚 ばらけに来たので 両団子へ
8尺メーター両団子 ハリス7:17cm9枚 底やりたくなって、エサに底夏加えて浮子をずらし、そのまま底へ2枚。小浮子のままなのでなかなかエサが底まで持たずにつつかれてしまうが、時間がないのでそのままやった。
c0022268_12061149.jpg
水が汚くアオコが、、臭う。清久大池が営業止めるらしい西池も、ほんとかな?悲しい


[PR]
by flymantacky5 | 2015-10-11 12:12 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

村国園惨敗

12:20受付100番席9尺底両団子12:35に1投目。スレが多い6〜7回、40分後に1枚。14:00メータうどんセットに変更、2枚14:40納竿トータル3枚
c0022268_21242084.jpg
 1日やって10枚以下の人多数。朝からやって1枚の人もいた。急に暑くなった秋10月


[PR]
by flymantacky5 | 2015-10-03 21:26 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)

ヘラブナ釣り入門

 へら鮒を釣りたいと思っているお兄さん・おじさん・おじいさんははたくさんいると思う。実際私が始めるにあたって、初心者用マニュアル本を読んで理解し、実際に体験するのに1年半くらいかかりました。今から10年ほど前、2004年か5年ころの話です。その時すでに渓流釣りをテンカラやフライ、管理釣り場のルアー釣りをやっていたのにへら雑誌を読んでも理解できないなんて、、ひどいな(不親切)と思いました。私はテンカラは人に教わりましたが、ルアーのニジマス釣りとフライフィッシングとヘラブナ釣りは完全に独学です。周りにやっている知り合いがいなかったからです。とても苦労しました。1万円の11尺のへら竿を買って、秋に釣堀でグルテンセットの宙釣りで一人デビュー。最初の3回くらいはあせって何やってるんだか自分でもよくわかりませんでした。でも楽しかったです。ヘラはもっと普及して愛好者が増えて欲しい、これ以上釣堀がつぶれないで欲しいと切に願っています。
ということで、超簡単「へら入門」を記したいと思います。

1、基礎知識を得る
 釣り具屋で「初心者用ヘラブナ釣り入門書」を買う。700円〜1500円で買えると思います。できたら近くのヘラ釣りをやっている池や釣堀に行って見学する。雑誌「月刊へら鮒」や新聞「週間へらニュース」を買うのも良いが、最初は半分以上理解できない事を覚悟しておく事。
2、どこで釣りたいのか、どこでデビューするのか、どこに通いたいのか考える。
私は当時渓流釣りにはまっていた。しかし60歳過ぎて渓流に挑む体力・気力・経済力は無いと思い、老後の釣りとしてヘラを考えていました。60歳までに一通りマスターしておくことが必要だと思い、近所の公園の池や近所の釣堀に年取ったら通う事を想定していました。
 釣り方はいろいろあって迷うと思います。最初はもし一緒に行って教えてくれる人がいるなら素直に教えてもらうのが一番です。その先輩のお勧めに従いましょう。一人でやるなら6〜9月なら浅ダナ両団子。10〜5月ならメーターのうどん(力玉)セット釣りがお勧めです(12〜2月は魚の活性が低く、初心者は避けた方が無難です)。本当は底釣りが基本なのですが初心者が一人でこれをやるのは面倒で釣りが嫌になってしまいますし、途中の調整も不可能なので止めた方が無難です。竿は操作が楽な短め8〜10尺がお勧めですが極端に短い竿は禁止の釣り場もあるので9尺がベストかと思います。私は8尺が好きです。
3、道具を買う(釣堀、管理釣り場を想定しています)
 (1)釣り道具
 ヘラ用竿9尺、ヘラ用道糸1号、浮子止めゴム、浮きゴム、浮子(浅ダナやメーターうどん用の小さい宙釣り用)、マルカン、板おもり、0.5号ハリス付き針6号、0.5号ハリス付き針4号、0.4号ハリス付き針3号(ハリス付き針は予備が必要です。最低5本)
 (2)装備
 竿置き、万力、玉網、針外し、クッション(座布団可)、
 (3)小物
 はさみ、ハリスアジャスター(定規でも可)、タオル、帽子
 (4)えさ関係
 えさボウル2個(100円洗面器可。1つはエサ1つは水用)、計量カップ、スポンジ(力玉を置く)、
ダンゴ用ベースえさ(GTS、ガッテン、パウダーベイトへら のうちどれか)
バラケえさ(バラケマッハなど)
うどん食わせえさ(力玉など)
(5)あると便利なもの
 日よけ傘、傘用万力、飲料水、虫除けスプレーとムヒ

底釣りをやる場合は、底釣り用浮きとタナとりゴム、底用エサ(ダンゴの底釣り夏)が必要となります。当然ながらその釣り場で底が取れる長さの竿が必要になるため、その釣り場の深さなどの情報を知る必要があります。
 釣りはそれぞれ奥が深く楽しみ方もいろいろです。1度でめげずに頑張ってください。応援しています。道具にこだわる人が多いですが、まず1枚釣ってみましょう。
 
PS:竿は値段が高い物はやはり釣り味が良いしヘラの引きを楽しめます。最低でもヘラ専用の竿を買って下さい。国産の有名メーカーならまちがいありません。9尺なら5千円〜3万円くらいかな、中古でもいいと思います。道糸は耐久性があり水のなじみがよく早く沈んで欲しいので、これもヘラ専用のものが良いと思います。冬は0.8号、夏や新ベラは1.2号〜1.5号が良いと思いますが1号ならオールマイティです。浮子は竿と釣り方にあわせて店員(ヘラに詳しい)に選んでもらうのがいいです。700円〜5000円。本当は浮子を作っているお店に行って選んでもらうのがいいですが、最初からそれは必要ないか、、、
c0022268_18151568.jpg



[PR]
by flymantacky5 | 2015-09-30 21:38 | 釣日記 | Trackback | Comments(0)